当イベントは終了しました。

CONE全国フォーラムin御殿場

2016年10月14日(金) 13:302016年10月16日(日) 15:00

CONE全国フォーラムin御殿場

富士山麓で自然体験オンパレード × 体験活動の効果をさぐる!

会場 国立中央青少年交流の家
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 自然体験 環境教育 野外教育 富士山 自然学校 体験学習 アクティブ・ラーニング 幼児教育
事務局 CONE全国フォーラム実行委員会事務局(ホールアース自然学校内)    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

2016 CONE全国フォーラムin御殿場

~自然体験活動の効果をさぐる!~

参加のしおり」が完成!順次、発送しています☆
↑↑↑ こちらのリンクからもご覧いただけます ↑↑↑

9月30日現在、日本野外教育学会の総会参加者も含め、200名近くの
お申込みを頂いています。ありがとうございます!!

今年のCONE全国フォーラムは、富士山がどーんと見える御殿場が舞台。
「参加したい!」と思っちゃう、3つのおすすめポイントはコレだ!!

★おすすめポイント その1
上初!  日本本野外教育学会の大会との同時開催が実現!

自然体験の現場で活躍するCONEの指導者たちと、体験活動が人にどのような効果をもたらすかを学術的にアプローチしている学会の皆さんが一堂に会して、お互いのプログラム・発表を行き来できます!ここから何か新しいコラボレーションが生まれる予感!

★おすすめポイント その2
参加できるプログラムの数がすごい

ガッツリ登山系から竹や鹿皮のクラフト系まで、屋内外での体験プログラムがおよそ10!生態系や幼児教育、食にエコツーリズムと、多様なジャンルの分科会ワークショップがおよそ20!必ず大きな収穫があることを保証します!

★おすすめポイント その3
異色の対話が教育をアツく語る!

体験活動が子どもにもたらす教育的な効果を、千葉敬愛短期大学の学長・明石要一氏と、大手中学受験予備校の日能研代表・高木幹夫氏が、互いの教育哲学を語り合う!


 開催要項

◆日時:2016年1014日(金)14時~16日(日)15時 <2泊3日・通いOK・部分参加OK>

◆対象: 自然体験活動や野外教育活動に関心のある方
    CONEリーダー・コーディネーター・トレーナーの方
    体験プログラムや分科会の企画を見て参加したいと思った方
    (子ども連れでのご参加をご希望の場合は、事前にご相談ください)

◆定員:200名(先着順)

◆会場:国立中央青少年交流の家
 ・東京駅→御殿場駅ならびに新宿駅→御殿場駅の高速バスが便利です。
 ・交流の家の駐車場は、満車となる可能性もありますので、できる限り、公共交通機関をご利用ください。
 ・御殿場駅→交流の家は、路線バスを利用します。(大会当日は臨時バスが運行されます)

◆参加費(税込):8,500円(全日程参加の場合/宿泊費・食費・保険料を含む)+ 体験プログラム費(※) 
※部分参加や日帰り参加も可能です。
※体験プログラムによって、個別に設定されます。

◆主催:NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)

10/14(金)14時スタート
 -基調講演:『自然体験活動の効果を探る』
   【スピーカー】明石要一氏(千葉敬愛短期大学学長)
         高木幹夫氏(株式会社日能研代表取締役)
   【ファシリテーター】中澤朋代氏(松本大学准教授)

 -ナイトセッション:『富士山からのメッセージ』
   【講師】米山千晴氏(東富士山荘/小山町議会議長)

↓↓ それぞれの体験プログラム・分科会をクリックすると、詳細情報が確認できます ↓↓

10/15(土)
 -自然体験プログラム(09:00-17:00)
   1)富士の樹海と洞窟探険【先着20名】
   2)富士宮口から御殿場口へ~富士山5合目下山トレッキング【先着16名】

 -日本野外教育学会の研究発表(自由参加 09:00-10:15

 -自然体験プログラム(10:30-14:30)
   1)河口湖でカナディアンカヌー体験!【先着18名】
   2)宝永火口トレッキング【先着16名】
   3)生木を割って削って、スプーン作り【先着10名】
   4)鹿皮クラフト【先着10名】
   5)竹の楽器づくり【先着10名】
   6)アジアの自然体験
   7)安全管理者更新講習会

 -分科会ワークショップ(10:30-12:00):
   1)生態系の中で暮らす(加藤大吾氏・NPO法人都留環境フォーラム代表)
   2)馬のいる暮らしを復活する(岩田和昭氏・NPO法人都留環境フォーラム
   3)活動に絵本を取り入れよう!~子どもと自然をつなぐ絵本~(奥野千夏氏・aso-bio代表)
   4)フットパスによる地域おこしの事例(鑓水愛氏・信州アウトドアプロジェクト事務局長)
   5)指定管理による青少年教育施設の運営について(櫻井良樹氏・静岡県立朝霧野外活動センター

 -分科会ワークショップ(13:00-14:30):
   1)再チェック!地域おこしコーディネート術(今永正文氏・日本環境NPOネットワーク事務局長)
   2)発達段階と遊びの展開~幼児期の自然体験の意義とは~(奥野千夏氏・aso-bio代表)
   3)発達障害の子どもの社会化と個性化(筑波大学)
   4)いま若者にできること(大阪体育大学大学院)
   5)旬の食農ワークショップ~豆の力・種の力~(毎熊幸代氏・イオン清水店社会貢献担当】
   6)”地球市民意識”が全体の平和に貢献する「東アジア地球市民村」(加藤大吾氏・NPO法人都留環境フォーラム代表)

 日本野外教育学会の研究発表(自由参加 14:45-16:00

 -日本野外教育学会のポスターセッション(自由参加 16:00-17:00

10/16(日)
 -分科会ワークショップ(10:00-12:30):
   1)富士山エコツアーガイドが見た現状と課題(近藤光一氏・富士山登山学校ごうりき代表)
   2)発達障害×療育活動の紹介~発達障害の理解と必要な配慮~(伊藤昌江氏・NPO法人発達ケアネットワーク理事長)
   3)今すぐ使える木育プログラム~森の色えんぴつ作り(小野敦氏・NPO法人グリーンウッドワーク協会代表)
   4)企業人材育成×環境教育(加藤大吾氏・NPO法人都留環境フォーラム代表)
   5)伝わる小道具と紙芝居の作りかた(小野比呂志氏・田貫湖ふれあい自然塾チーフ)
   6)ジオ×環境教育=防災教育~生きている地球を伝えたい!でもどうやって?~(津田和英氏・富士市立少年自然の家
   7)企業×自然学校の可能性(山崎宏氏・NPOホールアース研究所代表理事)
   8)これからの野外教育の発展に向けて~ふかめる~(日本野外教育学会企画委員会シンポジウム)
   9)アウトドアチャレンジ(小林孝之助氏・日本アウトドアチャレンジ協議会事務局)

 日本野外教育学会の研究発表(自由参加 09:00-10:15

 -みんなでふりかえりワークショップ(15時終了)
   【ファシリテーター】遠藤知里(常葉大学短期大学部准教授) × 田中啓介(ホールアース自然学校)

◆問い合わせ先:CONE全国フォーラム実行委員会
       (TEL 0544-66-0790 ホールアース自然学校内 担当:辻)



開催場所

国立中央青少年交流の家


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
全日程参加(2泊・5食) ¥8,500 終了
部分参加(1泊2日/14日のみ宿泊・3食) ¥7,500 終了
部分参加(1泊2日/15日のみ宿泊・3食) ¥7,500 終了
日帰り参加(14日のみ・夕食付) ¥5,700 終了
日帰り参加(15日のみ・昼食付) ¥5,700 終了
日帰り参加(16日のみ・昼食付) ¥5,700 終了
日帰り参加(14日+15日・夕食+昼食付) ¥6,400 終了
日帰り参加(15日+16日・昼食+昼食付) ¥6,400 終了
日帰り参加(14日+16日・夕食+昼食付) ¥6,400 終了
日帰り参加(3日間・夕食+昼食+昼食付) ¥7,100 終了
懇親会チケット 金額(税込) 状態
懇親会(15日夜・夕食を含む) ¥3,000 終了
懇親会(学生割引・15日夜・夕食を含む) ¥2,000 終了
募集期間:2016年7月10日(日) 00:00〜2016年10月10日(月) 23:59

イベントは終了しました


変更履歴

  • 募集終了日時を【2016-10-10 00:00:00】から【2016-10-10 23:59:00】に変更しました。2016年10月7日(金) 20:57
  • 募集終了日時を【2016-10-07 00:00:00】から【2016-10-10 00:00:00】に変更しました。2016年10月7日(金) 20:55
  • 懇親会チケット「懇親会(学生割引・15日夜・夕食を含む)」のチケット締切日を【2016-10-07 00:00:00】から【】に変更しました。2016年8月21日(日) 09:53

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 73/200
懇親会参加 59/200