ダイバーシティとユニバーサルデザインの推進 主催:田代英治の人事労務塾

2017年10月31日(火) 19:00〜21:00

ダイバーシティとユニバーサルデザインの推進  主催:田代英治の人事労務塾

人事労務担当者向けの実践的勉強会です

会場 新橋ビジネスフォーラム
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 田代英治の人事労務塾 運営事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

10月の田代英治の人事労務塾は…ダイバーシティとユニバーサルデザインの推進~多様な人材が安心して当たらくことができる企業を考える~というテーマで開催します。

具体的には下記のような内容に関して、当事者の講演会に加え、企業実務に落とし込める実践的なセミナーです。

・障害者差別解消法に関する社内の具体的推進方法
・LGBTの人達も働きやすい職場づくり
・LGBTの人事制度コンサルティング など

● なぜ本テーマを取り上げるのか?

主宰の田代です。昨年12月に開催した「当事者の人事部長が教える!LGBTの人も働きやすい「組織作り・人事実務対応」を担当していただいた株式会社ミライロの堀川歩さんに再登壇をお願いしました。

昨年参加し、あのパワフルで魅力的なプレゼンをぜひもう一度聞きたい!という方々、また昨年は年末開催でもあり、惜しくも参加できなかったという方々の多数のリクエストにお応えすべく、再度お話ししていただくことにしました。

今回は、さらに同社の岸田奈美さんにも加わっていただき、同社のバリアバリュー(障害を価値に変える)についてお話しいただきます。

ミライロ社は、障害者差別解消法に向き合うサービスを提供しており、岸田さんの講演は、同法が求める「不当な差別的取り扱いの禁止」「合理的配慮の不提供の禁止」をどう進めていけばいいのか、そのヒントがわかるものです。

世の中を大きく変える社会貢献度の高い同社の活動に私も強く共感しており、ぜひ人事労務塾に参加してくださっている皆様にもお聞きいただきたいという想いから実現したものです。

● 講演テーマ

それぞれの講演内容は次のとおりです。

① 堀川歩さん: 「組織を強くする LGBT への取組み ~企業として取り組む3つのステップ~」 

近年、多様な人が活躍できるダイバーシティの視点から職場環境の整備に関する取組みが拡がりつつあります。13 人に1人は「LGBT」(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)とも言われ、LGBT の人達も働きやすい職場づくり、人事制度に関しても関心が広がっています。

実際に自社で取組みを進める場合、何からはじめればいいのか、当事者の人事部長として、普段は採用、教育、労務分野の仕事を行う傍ら、LGBT の研修を年間 100 本以上、他社の LGBT の人事制度に関するコンサルティング事例をわかりやすくお伝えします。

② 岸田奈美さん: 「バリアバリューから未来を創る ~UDが生み出す4000万人の市場と経済性~」 

ユニバーサルデザイン(以下 UD)とは、文化や言語、国籍、年齢、男女といった差異、そして障害や能力にかかわらず、誰もが利用できる施設・製品・情報のデザインのことです。

現代の日本において、高齢者は約 3000 万人、障害者が約 800 万人、ベビーカーに乗る3歳未満の子どもは約 315 万人。日本人口の 30%を占める大きなマーケットがそこにはあります。誰もが安心して暮らせる UD な社会をビジネスの力で実現している同社の活動内容をお伝えします。 

● 講師

ー堀川 歩(ほりかわ あゆむ)さん

株式会社ミライロ 人事部長 日本ユニバーサルマナー協会 講師

プロフィール詳細
http://www.mirairo.co.jp/service/service_lecture/horikawa

2008年 陸上自衛隊 入隊 
2014年 株式会社ミライロ 入社
2016年 同社 人事部長 就任

1990 年大阪府出身。心は男・身体は女として生を授かる。 幼少の頃から男の子が好むような服装や遊びを好んで育つ。高校卒業後は陸上自衛隊に入隊するが、性別の事が関与して条件付き採用に切り替わる。自衛隊任期満了後は世界一周の旅に出発。帰国後、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー) の人々の総合サポート事業を個人で立ち上げる。

現在は多様な業種に向け年間100 件以上の講演や研修活動を行いながら、人事部長として採用・教育・労務の業務を通じて、ユニバーサルデザインな働き方ができる環境づくりに尽力している。 

2014年NHK「多様性のある地域へ~性的マイノリティ の声を聞く~」出演、2016 年東京新聞・山口新聞・愛媛新聞など地方紙に多数掲載。


ー岸田 奈美(きしだ なみ)さん

株式会社ミライロ 広報部長
一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会 講師

2014年 関西学院大学人間福祉学部社会起業学科卒
2014年 株式会社ミライロに創業メンバーとして入社 

1991年兵庫県神戸市出身。12歳の時にベンチャー企業を経営する憧れの父親が心筋梗塞により突然死し、以降将来は家族を守るために仕事をすることを決意。神戸鈴蘭台高校在学中に、母親(岸田ひろ実)が過労による大動脈解離に罹り緊急手術。後遺症で下半身麻痺・車いす利用者となった母と共に生活する上で、街中のバリアフリー化の遅れを肌で感じる。母の「生きるのが辛い」と言う発言が引き金となり、車いす利用者が生きやすい社会へ変えることを目標にする。
現在は経営理念である「バリアバリュー(障害を価値に変える)」を広めるための広報やサービス・書籍・在籍講師のプロデュースを手がける。2013年に母親である岸田ひろ実が同社に入社、翌年世界的に有名なスピーチコンテストTEDに登壇。2016年より岸田ひろ実の自叙伝を執筆中。

● 実施概要(詳細)

【日 時】
10月31日(火)19:00〜21:00(18:30受付) 

【場 所】
新橋ビジネスフォーラム
http://biz-forum.jp/access.html

三田線内幸町駅 2番出口目の前
地下鉄新橋駅 7番出口から徒歩3分
SL広場から徒歩5分

【参加費】
3,000円(税込)/回

※当日受付でのお支払い
※領収書発行致します
※終了後に同じ部屋にて簡単な懇親会を開催(会費2,000円、軽食アルコール付、参加任意)

【申込方法】
イベントページの最下部にある「参加ボタン」を押してください。

【定 員】
約50名

【主な参加対象】
人事労務や人材開発に関わる人事担当者、社労士など

● 主催の「田代英治の人事労務塾」とは・・・

前職の川崎汽船時代から通算すると「人事」の業界に約20年関わっていた私田代が「日々悩み決断に迷っている“人事担当者の背中を押す”ような会を発足させたい」という想いから企画をし、2016年6月に立ち上げました。

私自身もそうでしたが、人事労務の最前線にいると、次から次へやってくる課題に対し「本当にこれでいいのか」と判断に悩む場面が多く、日々格闘しているような感覚になります。本会のコンセプトは「古き良きを新しく」「コンプライアンスと良心による労務管理の実現」です。これらのコンセプトに共感していただける方のご参加をお待ちしております。

各回テーマに沿った専門家をお招きし、事例紹介に基づく議論や参加者同士の情報交換を通じて、自社の課題解決につながる実践的な勉強会を目指します。

==================
〈主宰者 略歴〉

「古き良きを新しく」をモットーに「コンプライアンスと良心による労務管理」の実現を目指す人事コンサルタント

田代英治(たしろ えいじ)

神戸大学経営学部卒業後、川崎汽船株式会社勤務(1985年~2005年、人事部配属通算9年)。退職後、2006年9月に株式会社田代コンサルティングを設立。人事労務分野の実務経験を活かして、企業の人事制度の構築・運用や組織・人材開発を得意分野とする。

~主な著書~
・人事部ガイド―はじめてでも分かる人事の取説―(労働開発研究会)
・はじめての人事社員の実務と心得(経営書院)
・なぜか会社も社員も気がつかない新しい働き方 人材開発会議(日本生活設計)

人事労務雑誌「労務事情」「人事実務」「企業と人材」(産労総合研究所)「労政時報」(労務行政)「労働法学研究会報」(労働開発研究会)「ビジネスガイド」(日本法令)「企業実務」(日本実業出版社)「先見労務管理」(労働調査会)「月刊人事労務実務のQ&A」(日本労務研究会)等に多くの執筆実績あり

====================
人事労務担当者のための実践的勉強会
「田代英治の人事労務塾」
代表 田代英治 事務局 中村純一・原田圭

〈お問合せ〉
田代英治の人事労務塾 運営事務局(中村)
E-Mail:admin@tashiro-sr.com TEL:03-6273-3980



開催場所

新橋ビジネスフォーラム


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
勉強会のみ参加 ¥3,000 募集中
勉強会+懇親会に参加 ¥5,000 募集中
募集期間:〜2017年10月31日(火) 19:00

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


RSS

申込可能