当イベントは終了しました。

日本とイギリスのイラク戦争検証

2016年7月16日(土) 14:30〜17:00

イラク戦争検証報告書情報公開訴訟シンポジウム 日本とイギリスのイラク戦争検証―イラク戦争とは何だったのか

会場 専修大学神田校舎5号館561教室
住所 東京都千代田区神田神保町3-8 5号館561教室    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 情報公開クリアリングハウス    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

────────────────────────────
 イラク戦争検証報告書情報公開訴訟シンポジウム

  日本とイギリスのイラク戦争検証―イラク戦争とは何だったのか
────────────────────────────

 イギリスで行われていたイラク戦争の検証報告書が7月6日に発表される予定です。資料も含めて200万ページとのことです。なぜ、イギリスが検証することになったのかは、イラク戦争が一体イギリスにとって何だったのかということと一体です。一方の日本は、外務省が内部で検証を行ったものの、その報告書は非公開となり、現在、情報公開クリアリングハウスを原告に情報公開訴訟中です。訴訟を通じて報告書のごく一部が公開されましたが、本文は17ページというものでした。日本にとってのイラク戦争とはいったいなんだったのか。なぜ日本は本格的な検証を行わなのか、考える機会としたいと思います。


 日 時 2016年7月16日(土) 14時半~17時
 会 場 専修大学神田校舎 5号館561教室
 資料代 1,000円(当会会員無料)
 主 催 情報公開クリアリングハウス
 共 催 自由人権協会、専修大学文学部人文ジャーナリズム学科

<プログラム>
1 イラク戦争検証情報公開訴訟と情報公開文書
   出口 かおり(弁護士、イラク検証報告書情報公開訴訟弁護団)
   三木 由希子(情報公開クリアリングハウス理事長、専修大学非常勤講師)
   コメント 礒野 弥生(東京経済大学教授)

2 セッション:日本とイギリスのイラク戦争の検証―イラク戦争とは何だったのか
   笠原 敏彦さん(毎日新聞編集編成局紙面審査委員兼編集委員)
   柳澤 協二さん(国際地政学研究所理事長、元内閣官房副長官補)
   ※他、現在調整中 

3 イラク戦争の検証と報告書をイギリスはどう受け止めたのか
  (イギリスからのskype中継で調整中。調整がつかない可能性もあります)

 



開催場所

専修大学神田校舎5号館561教室東京都千代田区神田神保町3-8 5号館561教室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
資料代 ¥1,000 終了
募集期間:2016年6月30日(木) 20:00〜2016年7月16日(土) 12:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了