当イベントは終了しました。

台湾エンタメ談議34「『日歌台唱』~郷愁の台湾歌謡~』

2016年4月2日(土) 14:00〜16:00

台湾では昔から日本の流行歌が多くカバーされてきました。なぜそういう現象が起きたのか、日台交流史・台湾歌謡に造詣の深い蔡易達先生にお話をうかがいます。

会場 キッチン付談話室「サロン・ド・安閑園」
住所 東京都新宿区中落合2-7-10 ハイネス落合406号室    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 台湾影視研究所    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

「台湾エンタメ談議」は、映画をはじめとするエンターテイメントをとおして
台湾を理解しようという異文化理解講座です。

「日歌台唱」― 郷愁の台湾歌謡 ―

あなたは台湾歌謡を聴いたことがありますか?
また、馴染み深い日本歌謡のメロディーを台湾で耳にしたことはありませんか?
北京語、台湾語、原住民語……言語を問わず、
日本の演歌・歌謡曲の影響が色濃く見える台湾歌謡。
日本統治時代、台湾歌謡は意外な形で日本の流行歌に影響を与えていましたが、
中華民国となってからは、多くの日本の曲がカバーされるようになりました。
なぜ「日歌台唱」という現象が起きたのでしょうか。
そこには人々のどんな思いがあるのでしょうか。
日台交流史・台湾歌謡に造詣の深い蔡易達氏にお話をうかがいます。
 

ゲスト:蔡 易達 氏(帝京大学文学部史学科専任講師)

ナビゲーター:稲見 公仁子(台湾映画研究家、ライター、台湾影視研究所主宰)



開催場所

キッチン付談話室「サロン・ド・安閑園」東京都新宿区中落合2-7-10 ハイネス落合406号室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
4月2日参加券 ¥2,000 終了
募集期間:〜2016年4月2日(土) 12:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベント名を【台湾エンタメ談議「『日歌台唱』~郷愁の台湾歌謡~』】から【台湾エンタメ談議34「『日歌台唱』~郷愁の台湾歌謡~』】に変更しました。2016年4月2日(土) 01:46

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 残り12