上 昌広先生、山本 佳奈先生ドクターダブル登壇トークイベント

2018年2月27日(火) 19:00〜21:00

上 昌広先生、山本 佳奈先生ドクターダブル登壇トークイベント

医療の現状から、日本の課題、問題点について参加の皆様と討議します。

会場 番來舎
住所 東京都東京都目黒区駒場1丁目28-1 駒場田村ビル304号室    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 番來舎運営事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 番來舎

イベント詳細

東日本大震災以来、南相馬への医療支援を注力してきた上先生ご自身や上研究室が輩出した若手医師、看護師と被災地との関わり、歩みについてのお話しを伺います。
また、その活動から見える日本の医療問題、課題についてご参加の皆様とともに討議していきます。

【登壇者】
上 昌広(かみ・まさひろ)
特定非営利活動法人 医療ガバナンス研究所 理事長。
1993年東大医学部卒。1999年同大学院修了。医学博士。虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の診療・研究に従事。2005年より東大医科研 探索医療ヒューマンネットワークシステム(後に先端医療社会コミュニケーションシステム)を主宰し医療ガバナンスを研究。2016年3月退職。4月より現職。星槎大学共生科学部客員教授、周産期医療の崩壊をくい止める会事務局長、現場からの医療改革推進協議会事務局長を務める。著書に『復興は現場から動き出す』『日本の医療 崩壊を招いた構造と再生への道』『医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい』『日本の医療格差は9倍 医療不足の真実』『病院は東京から破綻する』がある。      

山本 佳奈(やまもと・かな)
医療法人社団青空会 大町病院 内科医師
1989年滋賀県大津市生まれ。私立四天王寺高校卒業。2015年3月滋賀医科大学卒業。同年4月より、南相馬市立総合病院初期研修医。研修終了後、同院に残るも、2017年9月より南相馬市内の大町病院に内科医として出向中。女性の総合医を目指し、日々研鑽している。
自身の貧血体験から、大学時代より貧血の研究に取り組む。著書に「貧血大国・日本」(光文社新書)がある。



開催場所

番來舎東京都東京都目黒区駒場1丁目28-1 駒場田村ビル304号室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加 ¥2,000 募集中
懇親会チケット 金額(税込) 状態
懇親会参加費 ¥1,000 募集中
募集期間:2017年12月30日(土) 14:00〜2018年2月27日(火) 17:00

イベント募集:2/30 、懇親会募集:0/30

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


RSS

申込可能
イベント参加 2/30
懇親会参加 0/30