当イベントは終了しました。

マイナス金利が不動産ビジネスに与える影響

2016年4月16日(土) 16:00〜17:30

マイナス金利が不動産ビジネスに与える影響

本セミナーでは数多くのセミナーで毎回高い評価を得ている講師が「日銀の導入した政策とは何か」「そもそも『金利』とは何か」等の基本から平易に解き明かしていきます。

会場 税理士法人Gri-n横浜事務所
住所 神奈川県横浜市港北区大倉山2-5-12 高藤ビル2階    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 税理士法人Gri-n横浜事務所    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

日本銀行において、「マイナス金利」政策が2月から導入されました。なじみの薄い「マイナス金利」という考え方に違和感を持たれる方も多いでしょう。しかしヨーロッパでの先例を見ると、このようなマイナス金利政策は意外と長続きする可能性があります。不動産ビジネスに携わる方や、不動産を多く保有する方は、一度整理して、知っておくべき話でしょう。
 本セミナーではいろいろな場所でのセミナーにおいて毎回高い評価を得ている講師が「日銀の導入した政策とは何か」「そもそも『金利』とは何か」等の基本から、平易に解き明かしていきます。
◇こんな方にお勧め◇
・不動産投資に興味がある、始めてみたい
・不動産投資をしている、融資を考えている
・マイナス金利について知りたい
・不動産投資をしているクライアントがいる
・融資と金利の仕組みについて知りたい
・住宅ローンの借り換えを検討している
■日時 2016.4.16 (土)16:00~17:30 (質疑応答15分含む)
■会場 税理士法人Gri-n横浜事務所
    横浜市港北区大倉山2-5-12高藤ビル2階
     (東急東横線大倉山駅徒歩3分)
    TEL 045-547-2021 FAX 045-533-7141
■講師  ジャパン・トランスナショナル代表
     グローバル不動産経済レクチャラー 坪田 清
     http://www.japan-transnational.com/
■定員   8名
■受講料  8,000円/名
■内容   
1. 今回の日銀のマイナス金利政策
2. マイナス金利のさまざま
3. 「GLP投資法人、借入金利が実質マイナスに」
4. 市場金利のマイナス計算
5. ヨーロッパのマイナス金利
6. 金利の謎とイールドカーブ/普通は期間が長いほど金利は大きくなる
7. 金利と不動産投資利回り/デットとエクィティ=B/Sに強くなる
8. リートの損益計算書
9. 「マイナス金利」以外の俯瞰/アメリカ(FFレート)
10.「マイナス金利」以外の俯瞰/原油価格
11.「マイナス金利」以外の俯瞰/SWF(ソブリン・ウエルス・ファンド)と「Oil&Gas」
12.「マイナス金利」以外の俯瞰/中国に対する懸念
13. 日本の個人の住宅購入への影響
14. 日本の法人・個人富裕層の不動産投資への影響
15.海外の投資家の日本不動産投資への影響

【講師プロフィール】
1976年 東京大学工学部都市工学科卒業、同年大手財閥系不動産会社に入社。1993年に同社内の研究所に勤務して以来、一貫して世界の不動産経済の動向調査や、海外からの視点による日本の不動産・政治経済に対する論調調査・分析に従事。これらの情報を社内限定で発信し、高い評価を得る。また、同社が属する財閥グループの横断的シンクタンクにおいて各種委員を歴任。2014年5月末日に定年退職と同時に、グローバル不動産経済に関するコンサルティングを行うジャパン・トランスナショナルを設立、多数のクライアントを得ている。



開催場所

税理士法人Gri-n横浜事務所神奈川県横浜市港北区大倉山2-5-12 高藤ビル2階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
セミナー受講料 ¥8,000 終了
募集期間:〜2016年4月15日(金) 23:59

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 残り6