当イベントは終了しました。

東京ラカン塾精神分析セミネール Radiophonie 読解

2017年6月16日(金) 19:30〜21:00

東京ラカン塾精神分析セミネール Radiophonie 読解

Lacan の1970年のテクスト Radiophonie の解説

会場 文京区民センター 2C 会議室
住所 東京都文京区 本郷 4-15-14 文京区民センター 2 階    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
タグ 精神分析 ラカン Lacan
事務局 東京ラカン塾    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 東京ラカン塾

イベント詳細

Lacan の1970年のテクスト Radiophonie の読解を続けます.

最初の問いに対する答えから第四の問いに対する答えまでで,Lacan は,否定存在論とそのトポロジーを導入しました.次いで,第五の問い:

無意識の発見による第二のコペルニクス的転回の影響は,如何なるものでしょうか ‒ a) 科学の面において ; b) 哲学の面において ; c) 特に,マルクス主義の面において,さらには,共産主義の面において?

第五の問いに対する答えにおいて,Lacan は,四つの言説を用いながら,科学の言説と資本の言説の複合体 ‒ Heidegger が Ge-Stell[総召集体制]と呼ぶもの ‒ に対する批判を展開して行きます.

東京ラカン塾精神分析セミネールへの参加のためには,事前の申込や登録は必要ありません.参加費は無料です.

テクストは各自用意してください.わたしの DropBox からフランス語原文英訳日本語訳音声ファイルを download することができます.

会場は,いつものとおり,文京区民センター 2 階 C 会議室です.

なお,当初,2016-2017 年度の東京ラカン塾精神分析セミネールは06月30日に終了する予定でしたが,テクスト読解が不十分なまま終わらないよう,7月07日にもう一回追加します.御留意ください.

東京ラカン塾主宰,精神分析家,小笠原晋也


開催場所

文京区民センター 2C 会議室東京都文京区 本郷 4-15-14 文京区民センター 2 階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
東京ラカン塾精神分析セミネール 無料 終了
募集期間:〜2017年6月16日(金) 19:30

イベントは終了しました

RSS