当イベントは終了しました。

〜妻に味方になってもらうためのTipsセミナー〜 妻の内助を得るために、夫が知るべき大切なこと

2015年7月11日(土) 14:30〜16:30

家庭生活の中で、妻が夫に抱きがちな不満を明らかにし、 夫のよき理解者となってもらうための方策をお伝え致します

会場 元浅草日の出湯10Fセミナールーム
住所 東京都東京都台東区元浅草2-10-5    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 〜妻に味方になってもらうためのTipsセミナー〜 妻の内助を得るために、夫が知るべき大切なこと事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

みなさん、こんにちは。三上圭佑(みかみ けいすけ)と申します。

妻子を持つ、30代サラリーマンです。
起業に向けて、書籍、セミナー、勉強会、資格試験などの自己投資に、
これまで総額数百万円を費やしてきました。
妻とは、かれこれ20年来の大親友。結婚して5年目を迎えました。


常々思ってきたことがあります。

それは、語弊を招く言い方かもしれませんが、
妻や近親者の存在が、私の心にブレーキをかける時が少なくないということ。
特に、妻の存在は本当に大きいです。


例えば、みなさんは奥様に、「今度の日曜日、○○のセミナーに行ってくるよ!」と、
なーんの気兼ねもなく、報告できますか?

そして、奥様はそれに対して「楽しんできてね!」「頑張ってね!」と、
あたたかい返事をしてくれますか?



もし、そんな会話が日常的に行われているようであれば、
今回のセミナーにはお越しいただく必要はないでしょう。
どうか、当セミナーではなく、ご自身のスキルや経験を上げる
別のセミナーや勉強会にご参加ください。



しかしながら、こんな状況の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

▼「今日は休日出勤だよ、まったく…。」と妻に伝え、勉強会に参加している
▼ セミナーに行ったことがバレても、参加費用については「無料だったよ」と伝えている
  (口が裂けても言えない)
▼ 勉強道具をカバンに目一杯詰めて、朝早くカフェに行く&帰りもカフェで勉強する
▼ 子供と妻へのプレゼント代よりも、自分への書籍代の方が上回る
▼ Amazonの注文品が自宅に届かないよう、コンビニ受け取りをしている
▼ 目に見えない電子書籍、最高! (本棚に本が増えることは危険だ)

このように、ご自身の自己投資に関することを、
はっきりと奥様にお伝えすることができない人が多いように思います。

実は私も、ちょっと前まではこんな状況でした。
自己投資に時間とお金をつぎ込んでいることを、
真正面から妻に報告できていませんでした。

今、私はこのような状況から“卒業”し、妻にも気兼ねなく自己投資の話をできています。
(と思っています…。)



多くの偉大な起業家の影には妻の内助の功があったようです。
たとえば、Panasonicの創業者、松下幸之助の妻、むめのは、
幸之助が独立直後で仕事がうまくいかず困窮していた際に
文句も言わずにせっせと質屋に通って、
夫の資金繰りを助けていたといいます。

また、かの稲盛和夫の妻は、稲盛氏が京セラ創業のころ、食べるもの、
着るものも満足に買えなかったが、不満を何一つ言わず、
稲盛氏の帰宅がいつも遅くとも、必ず寝ずに待っていたそうです。

このように、実業で成果をあげておられる方には、
その陰で妻の内助の功があったという事例は数多くあります。

もちろん、こういった理想像を妻に押し付けるのはよくないでしょう。
それでも、既婚者の方で、これから自己変革を遂げて事を為そうという方には、
妻からの応援が得られる体制を構築することが重要ではないでしょうか。




私の場合、妻とは20年来の大親友、それから結婚をしたため、
お互いの気持ちについて、お互いがわかりきっていると信じていました。
それでもたくさん苦労しました。

ただ、ちょっとしたことに気をつけるようにしたおかげで、
私のチャレンジの多くを応援してくれるようになりました。

このセミナーでは、妻が夫のよき理解者として、
夫の活動を応援してくれるようになるためのノウハウを
私の実体験を元にお伝え致します。

こんな内容をお届けする予定です。(一例です)

■ 男と女の違いを再確認する

■ 家事の分担がうまくいかない理由

■ あなたは、妻を取り巻く環境を理解できているか?

■ 夫のこんなところに妻は不満をたぎらせる

■ あなたは妻に、何を提供しているのか

■「ただいま」の後に使う、魔法のフレーズ

■No More Tsuma’s Landmine(妻の地雷ZERO)

■ 妻の話を聞く時に、夫のメンタルが試される

■ すべての価値観を合わせる必要は、ない

■ 妻の実家及び夫の実家との接点では、必ず協力すること



奥様のサポートを得て、
変革を成し遂げたい方のご参加をお待ちしております。

セミナーの詳細は下記の通りです。
**************************
内容:【家庭生活の中で、妻が夫に抱きがちな不満を明らかにし、
夫のよき理解者となってもらうための方策をお伝え致します】
日時:7/11(土) 14:30-16:30
場所:元浅草日の出湯10Fセミナールーム
(銀座線稲荷町駅徒歩3分、各線上野駅徒歩10分)
   http://u444u.info/la8t
料金:5400円(税込)
持ち物:筆記用具
申込は下記リンクよりお願い致します(こくちーず)
**************************

既婚未婚関わらず、ご興味がある方のご参加をお待ちしております。


講師プロフィール
三上圭佑 (みかみ けいすけ)
1982年生まれ。
東京都出身。
IT関連会社勤務
家族のお悩みカウンセラー

起業を目標に、日々、時間を生み出す努力や自己投資のためにお金を費やす。
実際には、思考と実践に最も多くの時間を割いていたのが、
家族との関係をいかに良いものにするか、であった。
妻は、子供や親御さんへの豊富なカウンセリング経験を持つ臨床心理士。
家族のあり方や、親子関係の改善に関する事例を多く担当している。
そんな妻からは、「私の実家や親族との関係性が絶妙に上手」と言われ、
妻の友人からも、
「奥さんや子供と仲良しだよね。私の家の子供ともすぐに仲良くなるね」
と褒められること多数。
家庭環境を整え、仕事も家族も一緒に良いものにしていこうと、日々邁進中。



開催場所

元浅草日の出湯10Fセミナールーム東京都東京都台東区元浅草2-10-5


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加 ¥5,400 終了
募集期間:2015年7月1日(水) 00:00〜2015年7月10日(金) 20:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/8