当イベントは終了しました。

3/26(土)ヨガ座学と仏教シリーズ~雑念に振り回されない自己管理術~

2016年3月26日(土) 10:00〜11:30

3/26(土)ヨガ座学と仏教シリーズ~雑念に振り回されない自己管理術~

ヨガと仏教の双方から、雑念に振り回されない自己管理術に迫ってみます。

会場 渋谷区神宮前穏田区民会館 会議室3号
住所 東京都東京都渋谷区神宮前6-31-5    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 3/26(土)ヨガ座学と仏教シリーズ~雑念に振り回されない自己管理術~事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 初めてのラン&ヨガ

イベント詳細

ヨガ座学とブッダの教え~雑念に振り回されない自己管理術~

「毎日雑多なことに振り回されて身み心もへとへと」
「もっとテキパキ動きたいのに、ついだらだらしてしまう」
「取るに足らないことで感情が散り乱れてしまう」

あなたも、そんな悩みを抱えていませんか?

そんなあなたにおススメなのが、朝起き抜け、または寝る前のヨガです。

ヨガには心を落ち着けて、自分を客観視する効果があります。自分を客観視できれば、物事に動じず、大事な決断を迫られたときでも冷静に対処できるようになります。

実際、ビジネス界での成功者には、ヨガ・瞑想の愛好者が多いことも知られています。アップルの創業者スティーブ・ジョブズも、瞑想を生活習慣に取り入れていたそうです。

しかし、自己を客観視するための多くの手段の中で、なぜヨガに注目が集まるのでしょうか?

ヨガは元々瞑想を主体としていたのですが、瞑想だけでは心を鎮めきれないということで、心を鎮めるための入り口として、ポーズや呼吸法が導入されたと言われています。

一方で、仏教には禅宗という宗派があり、この宗派の修行は座禅瞑想を主体としています。

こう聞くと、ヨガと仏教にはつながりがあり、ヨガと仏教を共に学ぶと、心を鎮め、自分の内面について深く洞察することができそうな気がしてきます。

それでは、ヨガと仏教はどのような関係にあるのでしょうか?

ヨガと仏教の双方から、雑念に振り回されない自己管理術に迫ってみます。


★開催日時:3月26日(土)10:00~11:30


★開催場所:渋谷区神宮前穏田区民会館 会議室3号

東京都渋谷区神宮前6-31-5

JR山手線:原宿駅から徒歩6分

東京メトロ千代田線:明治神宮前駅から徒歩2分

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_onden.html

※当日会場の案内板には「目からウロコの東洋哲学」と表記されます。


★スケジュール(予定)

・10:00~10:10:参加者同士で自己紹介(10分)

・10:10~10:40:講座:「ヨガが自己管理能力を高める理由」(30分)

・10:40~10:50:休憩(10分)

・10:50~11:20:講座:「ヨガの効能と仏教の六度万行の関係」(30分)

・11:20~11:30:感想を共有(10分)


★主催者:勘場基揮


★参加費

・決まった参加費はありませんが、カンパ制で運営いたしますので、お気持ちのある方はご協力お願いいたします。


それでは、当日はよろしくお願いいたします。



開催場所

渋谷区神宮前穏田区民会館 会議室3号東京都東京都渋谷区神宮前6-31-5


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
ra 無料 終了
募集期間:〜2016年3月26日(土) 10:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/10