当イベントは終了しました。

小倉宏の「任せる技術~自分でやった方が早い病への処方箋~」

2016年2月5日(金) 15:30〜17:30

小倉宏の「任せる技術~自分でやった方が早い病への処方箋~」

小倉広のベストセラー2冊「任せる技術」(日本経済新聞出版社) 「自分でやった方が早い病」(星海社新書)のエッセンスを凝縮!

会場 鶴田会計&ワンネス・コンサルティング 5Fセミナールーム
住所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目9-13 MKビル5F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 ワンネス・コンサルティング セミナー事業部    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 鶴田会計&ワンネス・コンサルティング

イベント詳細

小倉広のベストセラー2冊「任せる技術」(日本経済新聞出版社)
「自分でやった方が早い病」(星海社新書)のエッセンスを凝縮。
 
 
人気講座!開催迫る!!
 
 
人は研修で育つのではない。現場で「任されて育つ」のです。
 
しかし「放任」はいけません。また、「口出し」をしすぎてもいけません
 
この「放任」と「口出し」の絶妙な中間の取り方科学的な「業績を落とさない」任せ方の極意をお伝えします。
 
 
 
▼このセミナーはこんな方におススメ!
 ・任せることができない。自分でやった方が早い
 ・任せても部下が仕事をやりとげてくれない。品質が低すぎる。納期に間に合わない
 ・任せてもつい、口うるさく口出しをしてしまう
 ・任せると放ったらかしにしてしまい、結局うまくいかない
 
▼本セミナーを受けると…
 ・放任と口出しの間にある絶妙な任せ方がわかる
 ・誰に何を明日から任せるか?の棚卸しができる
 ・部下の主体性を奪わずに、部下マネジメントができるコミュニケーション・スキルが身につく
 
 
<講座概要>
●任せることで上司にとって良いこと、部下にとって良いこと
●なぜ、任せられないのか?どうすれば任せられるようになるのか?
●いつ任せるの? どれくらいできたら任せればいいのか?
●誰に任せたらいいのか?全員一律に任せていいのか?
●何を任せたらいいのか?任せてはいけないこととは何か?
●任せる、と振る、はどう違うか?
●放ったらかしにならず、押しつけ世話焼きにならない部下とのコミュニケーション方法
●チャレンジする勇気を補充する上司のコミュニケーションスキル
 
 
<講師情報>
小倉 広
小倉広事務所 代表取締役 
一般社団法人人間塾 代表理事
一般社団法人日本コンセンサスビルディング協会 代表理事
日経新聞BIZアカデミー講師、日経ビジネス課長塾講師、SMBCコンサルティング講師。大学卒業後、リクルート入社。主に企画畑で11年半を過ごす。ソースネクスト(現・東証一部上場)常務取締役、コンサルティング会社代表取締役などを経て現職。アドラー心理学とビジネス現場を熟知する数少ない専門家として講演・研修を多数行っている。著書に『アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉』(ダイヤモンド社)『アドラーに学ぶ部下育成の心理学』(日経BP社)など30冊以上。
 
 
★★★受講費特別割引★★★
ワンネス・コンサルティングのビジネスセミナー・研修に初参加の方は、
本ページからお申込みいただくと、
通常10,000円のところ<4,000円>でご参加いただけます。

皆様のご参加、お待ちしております。

 



開催場所

鶴田会計&ワンネス・コンサルティング 5Fセミナールーム愛知県名古屋市中村区名駅3丁目9-13 MKビル5F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
受講料 ¥4,000 終了
募集期間:〜2016年2月5日(金) 15:30

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了