ワークショップ 「 異文化間教育学におけるライフストーリー研究の方法」

2017年11月18日(土) 13:00〜17:00

異文化間教育学におけるライフストーリー研究の可能性とその方法に関して、講義と演習を通して検討する。

会場 東洋大学白山校舎(6号館4階の6404教室)
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 異文化間教育学会2017 企画交流委員会(学芸大学齋藤研究室)    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

異文化間教育学会2017・企画交流委員会

ワークショップ 

異文化間教育学におけるライフストーリー研究の方法

ー「朱鞠内ダークツーリズム」の報告をもとに― 

日時:2017年11月18日(土)

場所:東洋大学白山校舎(6号館4階の6404教室)

    http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html

定員:30名

会費: 会員1500円 非会員2000  (当日会場で申し受けます。お釣りのないようにご準備ください。)

異文化間教育学におけるライフストーリー研究に関するワークショップです。京都大学の倉石一郎氏による講義のあと、演習形式で、フィールドワークで得られた語りのデータをもとに、ライフコース研究の進め方について学びます。講義では、倉石一郎氏に、ライフストーリー研究は、異文化間教育学が対象とする「人々の移動に伴い複雑化・多様化する社会・文化」をどのように描き得るのか、また、方法論としては、語られたデータにいかに向き合いストーリー化していくのかについてお話しいただきます。演習では、まず、本ワークショップに先立ち実施される北海道幌加内町の「朱鞠内ダークツーリズム」(同委員会企画)の報告を行います。このダークツーリズムでは、朝鮮半島出身者の徴用犠牲者の遺骨が発掘された場所へ足を運び、遺骨返還活動の主導者の語りを聴きますが、参加した方に、その経験とフィールドで得られた語りを紹介いただきます。この報告内容をもとに、研究課題を設定してデータを分析し、その結果から、語り手のライフストーリーの作品化を試みます。 


プログラム

1 開会 13:00

2 講義 13:10-14:00

 「異文化間教育学におけるライフストーリーの方法」(仮)

  講師 倉石一郎氏(京都大学)

3 ワークショップ 14:00-17:00

(1)「朱鞠内ダークツーリズム報告」 参加者より  14:00-14:40

(2)演習 15:00-16:00

   「朱鞠内ダークツーリズム」の経験から、ライフストリーリー研究をデザインする 

4 閉会 16:50-17:00


主催:異文化間教育学会企画交流委員会

   コーディネータ ・齋藤眞宏(旭川大学)・中川祐治(福島大学)

             ・齋藤ひろみ(東京学芸大学)・内田千春(東洋大学)

   お問い合せ:isej.kikakukoryu@gmail.com

 



開催場所

東洋大学白山校舎(6号館4階の6404教室)


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
異文化間教育学会会員 ¥1,500 募集中
非会員の方(異文化間教育学会の会員ではない方) ¥2,000 募集中
募集期間:2017年9月15日(金) 00:00〜2017年11月15日(水) 23:00

イベント募集:23/30

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


変更履歴

  • 会場名を【東洋大学白山校舎(教室は10月末にお知らせします)】から【東洋大学白山校舎(6号館4階の6404教室)】に変更しました。2017年10月3日(火) 18:26

RSS

申込可能
イベント参加 23/30