当イベントは終了しました。

「不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」から考える、ふくおか・九州の未来(仮)

2017年11月4日(土) 13:30〜17:00

「不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」から考える、ふくおか・九州の未来(仮)

「不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」のプロジェクトに参加したメンバーを迎え、「ふくおか」の未来について考えていきます。

会場 電気ビル 共創館
住所 福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1-82    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 不安な個人
事務局 アワロケFUKUOKA    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細


現在や将来の「自分」「福岡」に不安を抱いたことはありませんか?
今般、人口減少や自治体の存続が危ぶまれる中、私たち20〜30代の若手職員は、自治体という組織や「福岡」の中核として、これからを担っていくことになります。

私たちアワロケFUKUOKAは、そんな漠然とした不安や想いを福岡県内の若手職員で共有したい、共有する場が必要だと考え、チームを発足しました。

そして今回始動させたDRIPプロジェクトは、「福岡」の未来を考え、魅力などを「抽出」していくことを目的とし、全ての「ふくおか」の未来を考える人で構成するプロジェクトです。
プロジェクトのスタートをきる第1弾は、あの経産省若手官僚プロジェクト「不安な個人、立ちすくむ国家」のメンバーを福岡にお招きして、霞ヶ関で働く官僚の方と地方で働く若手職員が将来に対する思いを共有し、中長期のビジョンを見据えた上で自分たちに必要なことを考えていく内容となっています。


・プロジェクト名:DRIPプロジェクト
 第1弾 〜不安な「個人」、立ちすくむ「福岡」〜
 答えなき時代をどう前向きに生きるか を考える
・特別ゲスト:「不安な個人、立ちすくむ国家」の経産省若手官僚プロジェクトメンバー

・日時:平成29年11月4日(土)午後1時半から午後5時まで
   受付開始:午後1時から
・場所:電気ビル共創館3F(福岡市中央区渡辺通2丁目1−82)
・対象:福岡を愛する若者(自称・他称可)
・定員:先着50人
・参加費:500円

・フライヤー:こちらからご覧ください。

 

※ 懇親会については、会場の都合により人数制限をさせていただいております。先着順になりますので、お早めにお申込をお願いします。

★お問合せ: awaloca.fukuoka@gmail.com
 



開催場所

電気ビル 共創館福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1-82


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加 ¥500 終了
イベント参加(追加)(締切日: 2017-11-2 12:00) ¥500 締切
懇親会チケット 金額(税込) 状態
懇親会参加(先着順) ¥4,000 終了
募集期間:2017年10月4日(水) 12:00〜2017年11月3日(金) 12:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベントチケット「イベント参加」のチケット販売枚数を【50】から【60】に変更しました。2017年11月2日(木) 12:29
  • 定員を【50】から【60】に変更しました。2017年11月2日(木) 10:41
  • 募集終了日時を【2017-11-02 12:00:00】から【2017-11-03 12:00:00】に変更しました。2017年11月2日(木) 10:40

RSS

終了
イベント参加 45/60
懇親会参加 21/30