当イベントは終了しました。

やさしい社会国際フォーラム2017

2017年12月3日(日) 13:30〜17:00

やさしい社会国際フォーラム2017

自分達で創る自分達の持続可能な社会

会場 鈴鹿カルチャーステーション
住所 三重県鈴鹿市阿古曽14-28    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 GEN-Japan事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

自分達で創る自分達の持続可能な社会

環境先進国ドイツでは、市民が主体となった街づくりが活発です。大きな転機を迎えた私たちの暮らしを見直し、私たちの足元に暮らしやすいつながりを取り戻していくためのヒントを、環境調和型コミュニティづくりの専門家エクハルト・ハーン博士の講演から学びとっていきませんか。そして日本での具体的な活動事例としてCOP21で紹介されたアズワン鈴鹿コミュニティの取り組みと、今年度半年間に渡って開催されたガイアエデュケーションの報告をします。

日 時: 12月3日(日)13:30~17:00 (13:00受付開始)
会 場: 鈴鹿カルチャーステーション
    三重県鈴鹿市阿古曽町14-28  ℡059-389-6603
参加費: 1500円 (当日会場でお支払下さい)

講演者:
●エクハルト・ハーン(ドルトムント大学教授) 
ベルリンの復興計画、EU環境部会アドバイザーなど歴任後、現在ドルトムント大学院大学教授。従来型の都市計画や建築を見直し、人間行動学をベースに、話し合いから始まる環境調和型コミュニティづくりを提案。日本文化の中に自然と人間の共生への可能性を見ている。

●小野雅司(サイエンズ研究所研究員)
人と社会の本来の姿を明らかにする研究活動と同時に、コミュニティづくりに関する教育プログラムに携わり、また、日本、韓国、ブラジルなど各地のコミュニティづくりの実践的サポートを進める。

●片山弘子(NPO法人えこびれっじネット日本GEN-Japan代表理事)
2009年から鈴鹿コミュニティに在住し、サイエンズに基づいた教育プログラムの創設運営に従事。NPO法人えこびれっじネット日本GEN-Japan代表。2000年から環境調和型社会の検討を始め、インド型マイクロファイナンスなど紹介。翻訳『ニームとは何か』。2006年~環境先進国ドイツの最新情報を日本に紹介するプロジェクトをスタートし現在に至る。裏千家茶道準教授。

主催:NPO法人えこびれっじネット日本GEN-Japan
共催:NPO法人鈴鹿循環共生パーティー(SJP)、アズワンネットワーク
後援:NPO法人循環共生社会システム研究所(KIESS)、Global Ecovillage Network(GEN)

 



開催場所

鈴鹿カルチャーステーション三重県鈴鹿市阿古曽14-28


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
やさしい社会国際フォーラム2017 ¥1,500 終了
募集期間:〜2017年12月3日(日) 13:30

イベントは終了しました


RSS

終了