当イベントは終了しました。

コミュニケーションを楽しく試すワークショップ

2017年6月17日(土) 13:00〜16:30

コミュニケーションを楽しく試すワークショップ

ユニークな自分らしさを取りもどし「いいところ探し」を行うワークショップです。

会場 スペースAqua
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 発達障害 コミュニケーション ワークショップ サードプレイス
事務局 コミュニケーションを楽しく試すワークショップ事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

 「コミュニケーションを楽しく試す  初心者向けワークショツプ」

6/17(土) 第3回目テーマ「”演じること”を楽しんでみよう!」
 
働いていて、もしくはこれから働こうとする上で、コミュニケーションに生き辛さ(苦手意識、経験不足)を抱えている皆さんへ。
 昨年度に引き続き、月1回のペースでワークショップを開催しています。
参加者アンケートより
・『アットホームな感じで、とてもよかった。ホストはいるけど、ゲスト(カスタマー)は誰一人いない感じでした』(40代 男性)
・『他の人に否定されない安全な場所であれば、いつもと違った自分が出せると思った』(20代 女性)
・『他人の考えを尊重するとか、否定やアドバイスはしないとか、自分の中にはない多様性を認め、”そういう考え方もあるのか” と思うことを自分なりにできたし、実際ワークの中で体験できました』(40代 男性)

家でも学校でも会社でもなく、利害・しがらみ・人間関係の影響がほとんどない場所を サードプレイス(第三の居場所)と言いますが、ここは、生き辛さを抱える人たちが安心して、ゆっくりと、ユニークな自分らしさを取りもどし、自己肯定感を得る「いいところ探し」を行うワークショツプです。

コミュニケーションというと、どうしてもコツやテクニックが重視されがち。
しかし、私たちはコミュニケーションにまず大切なのは場数・経験・楽しい成功体験」と考えます。

スポーツに例えれば、今流行りのマラソンもまずは誰でも歩くことからです。じっくり1〜2年と練習を続ける中で、まず走ることが楽しくなり、ついには普通の人がフルマラソンを走れたりします。
その一方、途中で挫折する人が多いのも事実。原因はその人のやる気や能力と思われがちです。「やっぱり自分はダメだ…」「あいつは根性がない」「やる気や能力のある優れた人間だからやれる」等々。

しかし 行動分析などの研究では、人が行動を起こしたり行動を続けていけるかどうかは、性格や能力より、仕組みや工夫などの環境が大きいと言います。例えば、無理のない計画、楽しみ、達成感、仲間の存在などです。

私たち自身、ここが「場数・経験・楽しい成功体験」となる仕組みや工夫を、みなさんと一緒に試行錯誤しながら、創っていきたいと思います。

試してみることで、続けていくことで、コミュニケーションの「基礎体力」や「免疫力」といったものが身につき、『コミュニケーションって楽しいな!』と思える人が少しでも増えていくことを願っています


開催場所

スペースAqua


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
参加チケット ¥500 終了
募集期間:〜2017年6月17日(土) 13:00

イベントは終了しました


RSS

終了