当イベントは終了しました。

無人航空機(UAV)の近未来活用法

2017年7月26日(水) 09:30〜15:30

無人航空機(UAV)の近未来活用法

ドローン活用による測量・建設業務及び空撮

会場 仙都会館 5F Bホール
住所 宮城県仙台市青葉区中央2丁目2-10 仙都会館 5F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 測量 クリエイター ドローン 空撮 映像 土木 建設 動画 編集
事務局 ドローンサポート東北    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

NPO法人ドローンサポート東北開設記念講演

無人航空機(UAV)の近未来活用法

第一部 ドローン活用による測量・建設業務について

 ドローンが秘める驚異的なデータ収集能力

 ◎i-Constructionの運用実務

 ◎3D点群データ処理と活用法

 ◎点検・管理業務での自動走行実務

 ◎安全運航管理者の重要性

国土交通省の新たな取り組み 

 国土交通省は建設現場の生産性向上に向けて、測量・設計から、施工、さらに管理に至る全プロセスにおいて、情報化を前提とした新基準「i-Construction」を2016年より導入すると表明しました。

トンネル工事などに比べて生産性向上に遅れをとった土工等の分野について、抜本的な生産性向上を図ることで、全体として技能労働者一人あたりの生産性を将来的に5割向上できる可能性があるとされております。

【i-Construction】 3つの柱

①ICT技術の全面的な活用(土工)

②規格の標準化(コンクリート工)

③施工時期の平準化


 

第二部 トップクリエイターの映像テクニック

 ◆イノマタトシ先生 基調講演◆

ドローンを活用した映像テクニックを早い時期から海外に渡り確立、

UAVによる映像の可能性を講演していただきます。

イノマタトシ先生

2016警視庁PRビデオ

「TOKYO METOROPOLITAN POLICE DEPARTMENT24」を監督、話題になりドローンをテーマにした「Micro ADのSky Magic Future Vision CM」が評判となる

カンヌ国際広告祭受賞歴在り

TVCM:コーセー、Panasonic、SONY、HITACHI、金鳥、TOYOTA、ブルボン、VISIT JAPAN 他多数



開催場所

仙都会館 5F Bホール宮城県仙台市青葉区中央2丁目2-10 仙都会館 5F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
【前売り】第1部 測量・建設チケット ¥5,000 終了
【前売り】第2部 映像チケット ¥5,000 終了
【前売り】第1部+第2部 終日チケット ¥9,000 終了
募集期間:〜2017年7月26日(水) 09:30

イベントは終了しました


RSS

終了
イベント参加 残り94