当イベントは終了しました。

第80回RITS技術交流会「ARが指し示すITサービス産業の未来と課題」

2015年11月30日(月) 16:00〜17:30

第80回RITS技術交流会「ARが指し示すITサービス産業の未来と課題」

AR(仮想現実)の最新動向紹介と中長期視点からのITサービス産業の未来や課題に関する講演

会場 リコーITソリューションズ株式会社 本社 大会議室
住所 東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 42F    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル
>
タグ AR 仮想現実 AITC リコーITソリューションズ 技術交流会
事務局 RITS技術交流会事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

RITS技術交流会は、リコーITソリューションズ株式会社がリコーグループ向けに毎月1回、講演会などを開催しているイベントです。今回はリコーグループ外の方にも参加していただけますので、定員20名で参加募集いたします。
 
講演タイトル: 「ARが指し示すITサービス産業の未来と課題」

講演者:  大林 勇人氏 (AITCビジネスAR研究部会リーダー / 株式会社NTTデータ経営研究所)

講演概要:
AR(Augmented Reality)とは人間の味覚、嗅覚、視覚、触覚、聴覚、バランス感覚といった、人間の感覚をテクノロジーにより拡張する技術の総称で、日本語では「拡張現実」「拡張現実感」などと呼ばれています。ARの完全な実用化までには10年~20年間かかる見込みですが、近年では関連技術として、ウェアラブル、ロボット、AI(学習)、IoTが注目を浴びており、今後注目される分野だと予想されます。
本講演ではARの最新動向を紹介すると共に、中長期視点からのITサービス産業の未来や課題について述べていきます。
第1部では、「スマホやメガネをあてると見えるアレね!」と過小評価されがちなARの真実の姿を、豊富な事例を交えながら紹介します。
第2部では、ARのようなGPT(汎用技術)について、ITサービス産業はどのように対応すべきか、その際の課題とは何か、そして、一つの解としての「空間OS」について、説明します。

講演者紹介: 大林 勇人氏
株式会社NTTデータ経営研究所 公共行政サービスコンサルティングユニット マネージャー
先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)ビジネスAR研究部会 リーダー
株式会社日立システムアンドサービス(現・株式会社日立ソリューションズ)にて、システム設計・開発・運用保守を経験後、現職に至る。
現在は、情報システム全般に関するコンサルティング、先端IT関連のプロデュースやマーケティングおよび調査・実証実験などに従事。
近年は、"NTT DATA Technology Foresight"の策定支援や、ARやLODといった先端ITのインキュベーションに取り組んでいる。

懇親会:
技術交流会終了後、会場の一角で講師を囲む懇親会を開催します。会費は1,000円です。
軽食を交えながら、講演中に聞けなかった話も聞くことができるかと思います。
時間の許す方は是非ご参加ください。



開催場所

リコーITソリューションズ株式会社 本社 大会議室東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 42F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
第80回RITS技術交流会 参加 無料 終了
懇親会チケット 金額(税込) 状態
懇親会参加 ¥1,000 終了
募集期間:〜2015年11月30日(月) 09:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベント名を【第80回RITS技術交流会「ARが指し示すITサービス産業の未来と課題」 大林勇人氏 (AITCビジネスAR研究部会リーダー / NTTデータ経営研究所)】から【第80回RITS技術交流会「ARが指し示すITサービス産業の未来と課題」】に変更しました。2015年10月26日(月) 20:08

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 6/20
懇親会参加 4/20