当イベントは終了しました。

“トラウマを否定せよ“とは?アドラー心理学とブッダの言葉

2017年10月4日(水) 19:30〜20:30

アドラーは、トラウマが現在の自分を支配しているという考え方を排除しています。どういうことなのか、アドラー心理学と親和性の高いブッダの教えも交えた講座です!

会場 つくばカピオ
住所 茨城県茨城県つくば市竹園1-10-1    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 目からウロコの東洋哲学    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ ☆目からウロコの東洋哲学☆

イベント詳細

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」も発売され、根強い人気を誇るアドラー心理学ですが、 

「難しくて、よくわからなかった」 
「日常にどう生かせばいいの?」 
「自分の理解で正しいのか、わかんない」

といった声を聞きます。

実際に私も「嫌われる勇気」を一度読んだだけでは全体像がつかめませんでした。

ただ、とても共感できる部分が多く、 繰り返し読んで学ぶうちに、アドラー心理学の全体像が理解できました。

同時に、 
学び続けて10年になる仏教とも、驚くほど共通点が多いことに驚きました(@_@)

この講座では、 本でも読んでもよくわからなかった方、 興味はあるけど、まだ学んだことのない方も理解されるよう、 アドラー心理学と仏教についてお話ししたいと思います☆

今回のテーマは「トラウマを否定せよ!」です。

トラウマといえば、アドラーと同時代に活躍した心理学者であるフロイトが提唱した「精神的外傷」のことですね。

フロイトの精神分析では、
私たちの不幸は過去のトラウマによるもの、
トラウマ(過去)によって不幸な未来が決定される、と言われています。

しかし、アドラー心理学では
「トラウマが未来を決定する」
という考えが明確に否定されます。

トラウマを否定するとはどういうことなのか
過去にとらわれている私が、どうしたら幸せへと一歩を踏み出せるのか
そして、幸せな対人関係を構築できるのか。

アドラー心理学と仏教の観点からお話しします(*^_^*)

------------------------------------------------------------

◇講座内容:

・アドラー心理学と仏教の共通点、相違点

・トラウマが否定される理由 ~目的論について~ 

・不幸を正当化し続ける「トラウマの罠」

・トラウマを否定し、自分を変える“勇気”を持つ方法

 

◇参加者の声:

 ○トラウマというのは自分を支配しているものではなく、自分が勝手にとらわれているだけであり、できないことへの言い訳に使っているだけなんだと改めて思いました。
 (20代・女性)

 ○過去についつい縛られてしまいますが、未来を見ようと思います。未来を見るという考えに、今悩んでいることへの解決策もあると思いました。

 (20代・女性)

-----------------------------------------------------------

◇日時:10月4日(水)19:30~20:30

◇場所:つくばカピオ・小会議室(http://www.tcf.or.jp/capio/)

◇参加費: 300円(会場費など)

 

【主催者】

 主催者の苅谷晴香です(^^)

つくば市生まれのつくば市育ちで、現在は都内の病院で検査技師をしています☆

仕事にも慣れ、何か新しいことを始めたいと思って時、都内で開催していた「目からウロコの東洋哲学」という社会人サークルの勉強会に参加した所、とても感銘を受けました!

そして、ぜひつくばでも勉強会をしたいということで、始めてみました☆

学びが多くて視野が広がります!

皆さん、気軽に参加して頂けると嬉しいです(*^^*)

 ----------------------------------------

 参加人数に限り(10名まで)がありますので、関心のある方は早めにお申し込みください☆☆



開催場所

つくばカピオ茨城県茨城県つくば市竹園1-10-1


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
勉強会参加 ¥300 終了
募集期間:〜2017年10月4日(水) 19:30

イベントは終了しました


RSS

終了
イベント参加 1/10