当イベントは終了しました。

映画「LISTENリッスン」上映会&監督トークセッション

2017年6月24日(土) 14:30〜17:00

映画「LISTENリッスン」上映会&監督トークセッション

聾者が手話で音楽を奏でるアート・ドキュメンタリー映画「LISTENリッスン」の上映と、牧原・雫境両監督によるトークセッションです。

会場 愛知学院大学名城公園キャンパス キャッスルホール明倫
住所 愛知県名古屋市北区名城3-1-1    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
タグ 映画 アート トーク Deaffilm Deaf 手話 音楽
事務局 NPO法人ポパイ    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

映画『LISTEN リッスン』上映会と監督トークセッション
テーマ:「差」と「別」~映画「LISTEN」から「差別」を探る~

*映画『LISTEN リッスン』について
「聾者の音楽」を視覚的に表現したアート・ドキュメンタリー、無音の58分間。
果たして音楽とは耳から聴くだけのものなのだろうか?
この映画は無音であり、言語は手話である。耳の聞こえない聾者(ろう者)たちが自ら「音楽」を奏でるアート・ドキュメンタリーだ。楽器や音声は介さない。彼らは、自身の手、指、顔の表情から全身に至るまで、その肉体を余すことなく駆使しながら視覚的に「音楽」空間を創り出していく。出演者は国内外で活躍する舞踏家から、演技経験のない一般の聾者まで多彩な顔ぶれが集まる。彼らは各々に「音楽が視える」と語り、「魂から溢れ出る“気”のようなもの」から「音楽」を感じるという。手話言語を通じて日常的に熟達した彼らの身体表現は、「音楽とは?」という問いのさらに奥深く、人の内面から滲み出る内なる“何か”へと迫っていく――。(LISTEN公式パンフレットより)
公式HP:http://www.uplink.co.jp/listen/


日時:2017年6月24日(土) 14:30~17:00
受付時間 13:30~ 開始時間 14:30~
映画上映 58分
※上映後、牧原衣里・雫境(DAKEI)両監督によるトークセッションあり
場所:愛知学院大学名城公園キャンパス キャッスルホール明倫(愛知県名古屋市北区名城3-1-1)
http://www.agu.ac.jp/project140/campus/index.html
参加費:無料


◎トークセッション ※手話通訳、要約筆記が入ります
テーマ:「差」と「別」~映画「LISTEN」から「差別」を探る~
登壇者:
牧原依里(「LISTEN リッスン」共同監督)
1986年生まれ。聾の両親を持つ。小学2年まで聾学校に通い、小学3年から普通学校に通う。大正大学で臨床心理学を専攻。会社に勤めながら映画制作を行っている。
2013年ニューシネマワークショップ受講。2014年Movie-High14『今、僕は死ぬことにした』(短編映画)上映。
雫境(DAKEI)(「LISTEN リッスン」共同監督)
2000年東京藝術大学大学院博士課程修了、美術博士号取得。大学院在籍中、舞踏家・鶴山欣也の誘いを受け、舞踏を始める。
国内のみならずアメリカ、イギリス、スペイン、メキシコなど世界中を舞台に活動。また、アニエスベー初監督映画『わたしの名前は…』などの映像作品に出演、幅広く活動を行っている。
木村正明(BRIGHT EYES super-duperギタリスト)
BRIGHT EYES super-duperは名古屋市内のロックバンドであり、メンバーは4名。そのバンドメンバーはみんな耳が不自由であり、そのうちの1名は健聴者。現在全国各地でライブ活動を展開している。
コーディネーター:
村上栄子(特定非営利活動法人つくし理事長)

 

 ※当日は、「わっぱん」のパン、「MO-YA-CO UNIQUE PRODUCT!」のお菓子や雑貨、「Tede」の化粧品の販売もあります。(出店時間 10:00~16:00)



開催場所

愛知学院大学名城公園キャンパス キャッスルホール明倫愛知県名古屋市北区名城3-1-1


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
「LISTEN」上映会 無料 終了
募集期間:〜2017年6月24日(土) 14:30

イベントは終了しました


RSS

終了
イベント参加 残り200