当イベントは終了しました。

「発達障害の子の大好き!を生かす効果的な療育について学ぶワークショップ」ーわが家のABA早期療育・就学体験本音トークつき

【(受付は13:20~13:35まで)】2016年7月16日(土) 13:40〜16:40

「発達障害の子の大好き!を生かす効果的な療育について学ぶワークショップ」ーわが家のABA早期療育・就学体験本音トークつき

2児の母である講師の気づきがいっぱい家庭療育のコツ・体験を聴いた後、「子どもが興味を持ってくれる課題づくり。」について考えるワークショップです。

会場 川崎市生涯学習プラザ
住所 神奈川県川崎市中原区今井南町28-41 101活動室    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ #発達障害 #自閉症 #ABA #療育 #家庭で出来る #早期 #杉本美花 #東京 #効果的な #ワークショップ
事務局 ABA早期療育を学ぶ会    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

News!!  2016年7月8日 ただ今 予備席も含めて満席となりました。沢山の方にご検討を頂きありがとうございます。お申し込み後は自動返信メールがすぐこくちーずより届きますので それをご覧になって土日含め5日以内のお手続きを宜しくお願いいたします。

今後 キャンセルの方が出る場合もございますので、もしご希望頂ける方はsugimika2007@yahoo.co.jp  まで ご連絡頂けたら幸いです。

また、本当に参加したかったけれど、当日、都合が合わなくて・・・との声も頂いております。同じ内容を別の日にでも開催してほしいなど もし、何かご意見がありましたら お手数ですが ↑キャンセル待ちと同じメールアドレスにご連絡頂けたら幸いです。皆さまの声によりましては、日付のご指定までは、承る事は出来ませんが、同じ講座を別日に分けて 開催する事についても今後の参考に検討させて頂けたらと思います。

 

 

★本講座お申込み~当日までの流れ★

当 講座の告知をご覧頂きありがとうございます。

こちらのサイト下部にあるボタンより参加申し込みをして頂きます。参加は先着順となっており、定員に到達しますと、自動的に正規の申込みは出来なくなります。もし、満席後キャンセル待ちをご希望頂ける場合は、キャンセル待ちのお申込みを宜しくお願いいたします。

参加をしたい場合、必要事項を記入し、送信ボタンを押して頂きますと 皆さまがお申込みの際、登録したメールアドレスに折り返し、自動送信で 会費振込先の口座や当日の緊急連絡先等のメールが届きます。お申込み頂いた日から土日を含めて5日以内に会費を納めて頂ければ 参加申し込みは完了となります。(もし、お申し込み後、自動返信メールが届かない場合、こちらからのメールがはじかれている可能性もございます。その際は、恐れ入りますが、sugimika2007@yahoo.co.jpまでご連絡頂けたら幸いです。その際は、お手数ですが ヤフーのこのアドレスが受信して頂ける設定をお願いいたします。)

★参加費お振込後のキャンセル規定について★
○2016年7月8日(金)0時まで:振込手数料をのぞいた後の全額を返金
○2016年7月9(土)~2016年7月13日(水)0時まで:振込手数料を引いた後の金額から半額を返金
○2016年7月14日(木)以降は返金なし
※大規模な自然災害等が発生か主催者側の都合で開催出来ない場合は全額返金いたします。

★講座受講の対象の方について★

発達障害のお子さんを育てる親御さん、ご家族で、家庭での療育に関心がある方でしたら、ABAを含む療育を全くしたことがなくてもOKです。ママさんもパパさんもOKです。ご夫婦で参加されたい場合、恐れ入りますが 参加人数は2人まで 同時申込みが出来ますので、参加人数をその際は2として頂き、必ずお二人分申込みをお忘れにならない様に宜しくお願いいたします。コメント欄に書いて頂ければ 、会費の事前振込についても お2人一緒に受付可能でございます。

申し訳ございませんが、会場の都合上、今回はお子さんを連れての参加はお断りしておりますので どうぞよろしくお願い申し上げます。(※ただし、スタッフに関しては やむえない場合についてのみ 子どもが会場にいる場合もございますので あらかじめご了承ください。)

★当日ご用意いただく物★

筆記用具と「もし自分の子どもの場合だったら?」「もし、これが自分だったら?」と置き換えて考えて頂く心のご準備

★講演会&ワークショップ当日のスケジュール★

日時 2016年7月16日 土曜日

場所 川崎市生涯学習プラザ 101活動室

13:00より スタッフ入室、環境整備

13:20~13:35 受付(参加費は事前振込制の為、当日 領収書と資料の配布のみ。席は自由。)

13:40~15:00 講演 杉本美花 

テーマ「本音トーク全開!!わが家のABA早期療育体験と就学後のこと」

15:00~15:10 休憩

15:15~16:30 療育実践ワークショップ

テーマ「ミッション in 子どもの大好き!を生かした課題作りを目指そう!」

16:30~16:40 おわりのご挨拶 閉会 (17:00までに完全に退出)

 

★第一部 講演について★

(順序、不同です。参加者の皆様のニーズによっては一部に変更もありえます。どうぞ、あらかじめご了承ください)

○発達障害の子の子育ては 目からウロコ!わが子が教えてくれた「独特な感じ方の世界」について

○言葉のない子どもに言葉を教えた時代からのこと(ABAの事もここで多くお話します)

言葉の理解力が弱い時期の子どもに言葉がけでやっては いけなかったこと。効果があったこと。

○子ども&家族と修羅場にならないで療育を続ける為にたった1つ覚えておいて欲しい極秘の言葉ー明日も またパパやママと一緒にやりたい、と思って貰うために。

○まずい!このまま本気で頭に来たら事件が起きる!! わが子の言動に自分の怒りのボルテージが上がってしまった時、私が効果を感じているセルフアンガーコントロールについて

○障害があるって周りの人(子育て仲間、近隣住民、学校などの先生方)にまだ言いたくない・・・「周囲への告知」と「お子さん本人の告知」について メリット・デメリットを含め わが家の伝え方の体験談。入園・就学の際の 学校への子どもの説明の仕方の書き方についてのアドバイスあり。

○「保育園」「幼稚園」「小学校」での連絡帳にまつわるエトセトラ。こう書いたら「意図せずこじれちゃいました。」こじれず自分の言いたい事を伝える為の秘策&裏ワザ

○「うちの学校では・・・」「うちの幼稚園では・・・」前例がないからダメ?前例のない所に前例を作って行く為に親がすべき大切なこと

○就学後にああ・・・大後悔。「幼児期に必要なのは ○○ばかりではありません。」ここを大切に育てておいた方が良いかもしれないおすすめポイント

○ABA以外にも「息子本人」が凄く効果を感じるという方法についてー簡単に実演あり

○二次障害はこうして突然やってくる!トップダウンで開ける未来もあるー挫折感で早期療育を終わらず、お子さんと元気に生きて行く為に知っておいて欲しい大切なこと

○「あなたらしく元気に生きてくれたらそれでいい。」-療育をトップダウンし「普通に」「皆と同じことを」を私が手放したきっかけ、その決断後 大きく開花した息子の夢、現在について。

その他、事前アンケートから 選んで答える

★第二部:ワークショップ内容★

少人数のグループに手渡されるのは、〇〇と○○と●●だけ・・・。ここに、マニュアルも正解もありません。どんなに良いマニュアルがあったとしても、療育対象のお子さんに合わなければ意味がないからです。一期一会のメンバーで作るグループで知恵を結集しましょう!第一部での療育体験談を聴いた「今」のあなたなら、このケースのお子さんについて どう「大好き!」を生かし、楽しいと思って貰えそうな課題設定を考えますか?

★本講座開催によせて★

講師:杉本美花(すぎもと みか)より皆さまへ

はじめまして。私は、小学生2人を育てる母親です。本講座のイベントページをご覧頂き、ありがとうございます。

今では、いくつかの困難はありますが 療育対象だった息子は 9歳となりました。社会性、認知については 大きく成長し、元気に1人で普通学級に通っています。就学後、自分と皆の違いに自然と気が付いてかなり苦しんだ時期もありましたが、今は自分の夢を見つけて キラキラとした毎日を送っています。

元々は、1歳代から1日中、ほとんど機嫌のよい時がないほど、ひどい癇癪を起こし、少し出て来た言葉への理解も消え、無発語の状態で2歳0か月で 広汎性発達障害 中度の精神遅滞 自閉傾向あり、と診断されました。

当時、第2子の出産で里帰りしていた事もあり、効果がありそうな療育先を見つけられなかった私は、インターネットでABA(応用行動分析)について知り、親の会に入会して 学びながら家庭で療育して行く事をスタートしました。

私は、教職についていた経験はありましたが、療育の専門家ではありません。言葉がない、言葉を理解する力がかなり弱かったわが子に1つ1つを教える事に、失敗したり 毎日が手探りでした。少しずつ、言葉を話せる様になった息子が 会話が成り立ち始めたのは3歳3か月。親を「愛する」と言う感情を再び取り戻したのは、4歳以降の事でした。

息子が5歳を過ぎた後、手記出版のご縁を頂き2012年に学研教育出版より「ママと呼んでくれてありがとう」自閉症の息子と歩んだABA早期療育の軌跡という手記を出版させて頂きました。(新しい原稿が追加されながら2014年には 韓国版も出版となり 多くの方にお読み頂いております。)

最愛のわが子が「発達障害」と診断されたとき、あるいは発達障害があるかもしれない、と気がついた時、真っ先に頭に浮かぶのは「この子は将来どうやってい生きて行くのだろう?」という不安かもしれません。何か子どもの為にしてあげたいけれど、何をしてあげたら良いか、分からない。周囲の子育ての仲間と自分だけが悩みが違い、孤独でたまらない・・・。その様な状況の中で、私のブログHAPPYDAYS-ABA早期療育をやっていたママのつぶやき にお寄せ頂いた多くの方のSOSを拝見しながら 「自分が お子さん達やご家族のために出来る事は何だろう?」と考える様になりました。

発達障害のお子さんの困難は1人1人違いますので、1つのケースの方法を全ての方にあてはめて考える事は出来ません。それでも、体当たりの子育てをしてきた中で得た 沢山の失敗からの気づきをきちんと体系化してお話して行く中で、参加して頂く皆さんに ご自身のお子さんのケースに置き換えて見た場合、自分ならどんな風にしようか、と考えられる様に明日からすぐ取り入れられる療育のヒントを何か見つけて頂けたら、と考え 本音トーク全開の講演&ワークショップ開催をお引き受けする事にいたしました。

本講演は二部制とし、第一部では、ABAの早期療育で私自身が 学んだことや経験についてお話して行きます。また、就学後にLDが顕著となり、学校で理解が得られない中、 二次障害の経験、療育のトップダウンを選択し「皆と同じに」を手放した事で、息子自身が大きな夢を見つけたことで 「教える事の効果と大切さ。」「あえて 本人の世界観を見守る 教えない事の大切さ」について 一見、相反する行動の様ですが、どちらにも気づいた事があり、これから療育を始める皆さんにぜひ お話したいと思っています。また、息子の療育にあたり、何度もどうすればいいのだろう?と頭を抱え込む様な迷う岐路が訪れた時、自分が「何を基準に」道を選んだか、で 振り返ってみると今がありますので、「わが子に道を探す」時の親や家族の動き方についてのコツも その時々のキーパーソンとの出会いの事も交えながら お話して行きます。

第二部は、ワークショップです。ケースをつくり、こちらが限られた道具を用意する中で、チームで知恵を絞って話し合い、より良い課題とは何なのか、お子さんの視点に立って考えて行きます。最後にそれぞれのグループでお互いに発表します。この話し合いの過程で 参加者同士の交流を兼ねながら わきあいあいと 仲間と「子どもの幸せ」について考え、共に過ごす事で 日頃のストレスを少し和らげて元気にお帰り頂ける様に進行を務めさせて頂きます♪

この講座では、物品の販売や特定の療育方法や特定のエージェントへの勧誘は 一切いたしませんのでぜひ、お気軽に参加してみませんか?

 



開催場所

川崎市生涯学習プラザ神奈川県川崎市中原区今井南町28-41 101活動室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
杉本美花セミナー川崎 ¥3,500 満席
募集期間:2016年6月15日(水) 23:00〜2016年7月9日(土) 00:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • 募集終了日時を【2016-07-04 00:00:00】から【2016-07-09 00:00:00】に変更しました。2016年7月5日(火) 18:12
  • イベントチケット「杉本美花セミナー川崎」のチケット販売枚数を【15】から【16】に変更しました。2016年6月18日(土) 18:56
  • 定員を【15】から【16】に変更しました。2016年6月18日(土) 18:51

RSS

Styary(スタイアリー)
終了