当イベントは終了しました。

「働く」を考える~地方で暮らし、働くこと in 大阪・靱本町(定員30名)

2016年5月22日(日) 14:30〜16:30

「働く」を考える~地方で暮らし、働くこと in 大阪・靱本町(定員30名)

兵庫県朝来市、徳島県神山町、石川県能登地方について3人のプレゼンターをお招きし、メディアには掲載されない「地方での暮らし・働き方」を聴いていただきます。

会場 カフェ&ダイニング ガゼボ
住所 大阪府大阪市西区靱本町1-6-17    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 「働く」を考える~地方で暮らし、働くこと in 大阪・靱本町(定員30名)事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

日本の社会はこれから少子高齢化、企業や働く人に迫るグローバル化により激しく変化していきます。2030年には人口が1000万人も減少し、人口の3分の1が高齢者となり労働力の減少やGDP(国内総生産)や国の税収も低下していきます。国や会社に頼らず自分らしい暮らし・働き方を誰もが考えなければならない時代になってきています。そこで今回は、「地方で暮らし、働く」ということに着眼した企画を考えました。

兵庫県朝来市、徳島県神山町、石川県能登地方の各地域について3人のプレゼンターをお招きし、メディアには掲載されない今のリアルな「地方での暮らし・働き方」を聴いていただきます。3人のプレゼンとトークセッションだけでなく、参加者同士の意見交流・ワークショップも行い、インプット・アウトプットの両立により充実した気づきの時間を得ることができます。

 〈進行役〉齋藤 広幸 1967年生/奈良県出身

メーカーにて営業経験後、人材コンサルタントとして20年間で4800名以上の転職相談や求人紹介に携わる。自らも転職、2回のリストラ経験あり。2013年より、自分らしい仕事・働き方の提案を中心に、各種講座やセミナー、交流会を開催している。

 〈朝来プレゼンター〉中島 英樹 1977年生/千葉県出身

2015年4月より、兵庫県朝来市の地域おこし協力隊として着任。特産品開発というテーマ以前に、高齢化・担い手不足という地域の課題に着目し、できる人ができる範囲で産業に関われる仕組み作りに挑戦中。

 〈神山プレゼンター〉津村 長利 1959年生/大阪府出身

手芸用品メーカーに勤務。好奇心旺盛なおじさんで終業後や休日はあちこちに出掛け、人との出会いを楽しむ。最近は「アートの力で元気になる」をモットーに関西のアーティストや製造業の応援活動をしている。

 〈能登プレゼンター〉竹田以和生 1949年生/石川県出身

能登定住・交流機構理事。2007年、能登で大地震に遭遇。復旧活動に参加したことで能登の底力を実感。以来、能登の地域づくりに関わっている。

---------------------------------------

日時:2016年5月22日(日)14:30~16:30(開場14:15)

内容:14:30~15:25

   開催あいさつ(齋藤)

   発表①兵庫県朝来市(中島氏)

   発表②徳島県神山町(津村氏)

   発表③石川県能登地方(竹田氏)

   15:25~15:50

   プレゼンター3人によるトークセッション&質疑応答

   15:50~16:25

   各テーブル毎に参加者同士で意見シェア

   各グループの代表者意見発表

   アンケート記入  ※30名参加予定

   16:25~16:30

   閉会あいさつ(齋藤)

場所:カフェ&ダイニングガゼボ(CafeDining Gazebo)

   大阪市西区靱本町1-6-17(地・四ツ橋線本町駅㉕出口徒歩3分)

   靭公園の東隣、モスバーガーの北隣、公園の新緑が見える素敵なお店です。

会費:1,500円(1ドリンクつき)

主催:キャリア・アプローチ 齋藤 広幸

連絡:hryk.sit@gmail.com  090-8885-3954

 ※以下の方の参加はお断りいたします。

 ネットワークビジネス、アフィリエイト、投資、政治・宗教団体、反社会勢力の方で

 参加者への勧誘・営業行為目的、または迷惑あるいは自分勝手な行動をする方。

---------------------------------------

【こんな人におススメ】

・働くことの価値観を広げてみたい方

・新しい暮らし方、働き方にチャレンジしたい方

・都会と地方の生活に違いについて漠然と疑問にお持ちの方

・地方への移住に関心がある方

・価値観の異なる人と交流をしてみたい方

 今回は3つの地域の情報を一度に聴くことができることから、地方で暮らし、働くことの普遍的なメリット・デメリットが見えてくるかもしれません。今まであたりまえだと思っていた暮らし方・働き方の価値観について別の角度から眺めてみて、一つでもヒントを持ち帰っていただき、みなさんの「働く」を考えるきっかけとなってもらえれば大変うれしく思います。

 



開催場所

カフェ&ダイニング ガゼボ大阪府大阪市西区靱本町1-6-17


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
「働く」を考える~地方で暮らし、働くこと in 大阪・靱本町(定員30名) ¥1,500 終了
募集期間:〜2016年5月22日(日) 14:30

イベントは終了しました


フォトアルバム

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 13/30