当イベントは終了しました。

【天満駅すぐ】何のために生きるのか?人生マラソンのゴールはどこか?

2016年9月9日(金) 19:30〜21:00

【天満駅すぐ】何のために生きるのか?人生マラソンのゴールはどこか?

これ一つ果たせば悔いなしという人生の目的、 何千年の歴史を経た人生の秘訣が分かり、 今の一瞬一瞬が意味を持ち、キラキラと輝く人生になります!

会場 大阪市北区民センター
住所 大阪府大阪市北区扇町2-1-27    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 目からウロコの東洋哲学    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 目からウロコの東洋哲学

イベント詳細

リオ・オリンピックは感動のうちに閉幕しました。

2020年は東京だと、心が踊る人も多いのではとおもいます。

しかし、実は人生のオリンピックはすでに始まっていると、

作家で有名な芥川龍之介は言っています。

『侏儒の言葉』には以下のように書かれています。

---------------------------------------

もし游泳を学ばないものに泳げと命ずるものがあれば、

何人も無理だと思うであろう。

もし又ランニングを学ばないものに駈けろと命ずるものがあれば、

やはり理不尽だと思わざるを得まい。

しかし我我は生まれた時から、

こう云う莫迦(ばか)げた命令を負わされているのも同じことである。

我我は母の胎内にいた時、人生に処する道を学んだであろうか?

しかも胎内を離れるが早いか、

兎に角大きい競技場に似た人生の中に踏み入るのである。

勿論 游泳を学ばないものは満足に泳げる理屈はない。

同様にランニングを学ばないものは大抵人後に落ちそうである。

すると我我も創痍(そうい)を負わずに人生の競技場を出られるはずはない。

成程世人は云うかも知れない。

「前人の跡を見るが好い。あそこに君たちの手本がある」と。

しかし百の游泳者や千のランナアを眺めたにしろ、

忽ち游泳を覚えたり、ランニングに通じたりするものではない。

のみならずその游泳者は悉く水を飲んでおり、

その又ランナアは一人残らず競技場の土にまみれている。

見給え、世界の名選手さへ大抵は得意の微笑のかげに

渋面を隠しているではないか?

人生は狂人の主催に成ったオリムピック大会に似たものである。

我我は人生と闘いながら、人生と闘うことを学ばねばならぬ。

こう云うゲエムの莫迦莫迦(ばかばか)しさに憤慨を禁じ得ないものは

さっさと埒外(らちがい)に歩み去るが好い。

自殺も亦(また)確かに一便法である。

しかし人生の競技場に踏み止まりたいと思うものは

創痍を恐れずに闘わなければならぬ。

-------------------------------------

目的が分からないままでなぜか走らねばならないのが

人生であります。

目的地が分かってこそ、そこまで頑張って走ることが

できます。

目的地を知り、そこまでたどり着いて初めて、ここまで

走ってきてよかったと、満足があるのです。

では私達はどこに向かって走るのか、

ゴールは一体どこなのか。

果てしなく続く人生マラソンの方向を

東洋哲学から学びます。

【参加者の感想】

人生を見つめる機会でした

何の為に勉強するのか、何の為に働くのか、

漠然と不安を持っていましたが、

親や友達にも話ができず悶々と抱え込んでいました。

そんな事を思う自分は変なのかとも悩んでいましたが、

お釈迦様が人生に悩まれ生まれた城を出られた話を聞き、

「お釈迦様でもそうだったのか!」と知れて、

なんだか嬉しい気持ちになりました。

真面目な話ができる集まりに参加できて、よかったです。

(兵庫県 20代 男性 学生)

今まで何となく感じていた事が、順序立てて

話されて、人生という大きなテーマについてですが、

自分の中で整理して考える事が出来ました。

真面目で優しい参加されている皆さんと出会えたことも、

よかったです!

(大阪府 30代 女性 会社員)

身内の人が亡くなっていって、何となく不安を抱えていたのが仏教を聞いて明るくなった。話を聞いて、これが自分が求めていたものだったと分かった。自分よりも年下の人でも、人生について真面目に考えていて驚いた。

         (30代 男性)

生きる意味を小さいころから知りたいと思って、大学時代に哲学科で「生きる意味」について論文を書こうと思ったが、結局書けずに留年してしまった。社会人になって仕事で忙しく、生きる意味を考える事もあまりなかったけれども、ネットから見つけて参加しました。お釈迦様も最初は同じ悩みを抱えていた事に驚いた。

人生の目的を教えられたお釈迦様はすごい!

仏教を学ぶきっかけがあって、本当に良かった。続けて学んでいきたい。

生きる意味が分からなかったらパートナーも見つけられないと思っていた。本当の幸せに向かって生きていきたい。

         (30代 男性) 

どんなスポーツをしても、趣味を探しても、大学合格しても、目標達成しても、どこか虚しくて、本当の満足がありませんでした。

大学で勉強して、大学を出て働く意味も分からなかったので参加しました。

講座の内容は奥が深くて、とても新鮮でした。

仏教・哲学者の奥の深い言葉も、分かりやすく解説して頂き、人生の目的がハッキリしていなかったから、何をやっても虚しかったんだという事が分かりました。昔も今も変わらない人生の問題を教えている仏教凄い!

         (20代 女性) 

今まで親に感謝する気持ちが分からなかったけど、続けて勉強会で学んで、生きる意味が分かって、親に感謝の言葉を伝えたら、親が喜びました。初めて親孝行らしい事が少しできたと思い、自分も嬉しかったです。

         (30代 男性) 

笑顔の一日、笑顔の人生にしたい人は、

今すぐ参加ボタンを!

皆様の参加をお待ちしています(*^_^*)

【費用】

このサークルは皆さんのカンパで成り立っています。

特に決まった金額はありません。

お気持ちのある方は、会場で受付ております。

哲学や仏教の知識が無くても、どなたでも参加できます。

参加されている年代も、20代から60代くらいまでで幅広く、

堅苦しい雰囲気では無く、交流を深めながら、実生活を通して

みんなで学んで行く講座です。

今日から新しい人生が始まります゜*。:*・'☆

今すぐ参加ボタンを押して勉強会へ!



開催場所

大阪市北区民センター大阪府大阪市北区扇町2-1-27


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
目からウロコの東洋哲学 無料 終了
募集期間:〜2016年9月9日(金) 19:30

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/20