当イベントは終了しました。

防災ママ☆カフェ@小樽

2016年3月7日(月) 14:00〜16:30

防災ママ☆カフェ@小樽

講師に★かもんまゆさんをお迎えし「防災ママカフェワークショップ」を開催

会場 生涯学習プラザ レピオ
住所 北海道小樽市富岡1丁目5番1号    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 特定非営利活動法人みらい号    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

6度目の311をまもなく迎えます。
皆さんは家族を守るための対策を実行していますか?

「家族のために今出来ることはなんだろう?」
知ることで家族を守れるママになろう。

みらい号の阿部家は2011/03/11当時、福島県郡山市で生活していました。
震度6強は想像を遥かに超える恐怖の時間、壁が崩れ、天井が落ち、道は破壊され、そこは音も匂いも景色も悪夢そのもの。
その一瞬を堺に水道、電気、ガス、が止まります。
店頭からは見る見る食材や日用品が消えていきます。
ガソリンも簡単に補給できません。

311を経験したからこそ「防災」の大切さを皆さまにも伝えたい。
そこで講師に★かもんまゆさんをお迎えし「防災ママカフェワークショップ」を開催いたします。

■日時 2016年3月7日(月)

■場所 小学校 生涯学習プラザ

■参加費 500円(資料代含む)

《一部》14時00分~15時30分

■講師 かもんまゆ 氏(スマートサバイバープロジェクト特別講師)
http://smart-survivor.org/?page_id=92
ママの目線で「あの日、ママと子どもたちに何が起こったのか」をまとめた「防災ママブック」を制作し、ママたちに伝えるワークショップを企画、全国で実施。
全国50か所以上、3000人以上のママたちに、誰にでも分かりやすく、心に響く言葉で自分と大切な人のいのちを守る方法を伝えくださいます。

《二部》15時30分~16時30分

■東日本大震災被災者のディスカッション

ざっくばらんに当時の福島を話してもらいましょう。

※託児室もご用意しております。

【問い合わせ先】
特定非営利活動法人みらい号
本部事務局
〒060-0808
札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2F 市民活動サポートセンターVol.19

Tell 011-214-0089
Mail futurebus2014@gmail.com



開催場所

生涯学習プラザ レピオ北海道小樽市富岡1丁目5番1号


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
資料代 ¥500 終了
募集期間:2016年3月1日(火) 00:00〜2016年3月6日(日) 22:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/30