当イベントは終了しました。

ココロに効く!福祉短歌ワークショップ

2017年9月16日(土) 13:00〜15:45

ココロに効く!福祉短歌ワークショップ

短 歌 × 「聴導犬、盲導犬、介助犬」 短歌の世界と補助犬使用者との初コラボ!あなたの想いを31文字にしてみませんか

会場 大阪市立総合生涯学習センター 大阪駅前ビル第3研修室(5F)
住所 大阪府大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 ひつじ短歌会    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

ココロに効く!福祉短歌ワークショップ
短 歌 × 「聴導犬、盲導犬、介助犬」
短歌は、31音という短い言葉の中に、自分の想いをギュッと込めることができます。短歌の世界と補助犬使用者との初コラボです。
補助犬使用者さんのお話を聞いた後あなたの感じた想いを短歌に詠んでみませんか?


第1回目 ココロに効く!福祉短歌ワークショップ 聴導犬とともに生きる
日時:2017年9月16日(土)13:00-15:30(手話通訳付き) 申込締切:9月8日
お話:安藤美紀氏(NPO法人MAMIE代表)
聴導犬使用者。聴導犬レオンと共に、聴こえないことへの理解と啓発に向けてパラパラ漫画・ビデオを制作。講演など多数。TV「世界一受けたい授業」出演。

※終了しました


第2回目 ココロに効く!福祉短歌ワークショップ 見えないことからみえるもの
日時:2017年10月14日(土)13:00-15:30 申込締切:10月6日
お話:三谷アキヨ氏
盲導犬使用者。趣味は囲碁と落語。“見えないからこそ世界は美しい”
短歌:カネタタキ優しい声で鳴く夜に録音図書で池波正太郎を聞く(本人作)



第3回目 ココロに効く!福祉短歌ワークショップ 久々に見上げた空がこんなにも青いとは
日時2017年11月18日(土)13:00-15:30 申込締切:11月10日
お話:石橋奈美氏
介助犬使用者。病院での闘病中(当時は寝たきり生活)に、看護師さんの紹介で介助犬の存在を知る。持ち前の行動力で、大阪府で初めて進行性の難病に対して介助犬使用が認められる。日本介助犬協会のPR動画にも出演中。



短歌講師:高田ほのか
歌人。小学生の頃、少女漫画のモノローグに惹かれ短歌の創作を開始。産経新聞社カルチャー倶楽部等4校の講師。関西学院大学卒。パナソニックや大阪市立中央図書館、梅田蔦屋書店等でも短歌の講演や講義を行い、その魅力を4千人以上に伝えている。その活動がNHKを始め、多くのメディアに取り上げられ共感を呼んでいる。


会   場:大阪市立総合生涯学習センター 第3研修室(5F)
主   催:ひつじ短歌会 http://honokatanka.com/
参加費各回:1,000円​
定員各回 :20名(中学生以上)
住   所:大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5F
電話番号 :06-6345-5000
最寄り駅【地下鉄】御堂筋線・梅田/四つ橋線・西梅田/谷町線・東梅田 【JR】大阪駅/東西線・北新地駅【私鉄】阪神電車・梅田/阪急電車・梅田 ※専用駐車場はございません。

申込み方法
Mailにて申込みください。
講座名 ココロに効く!福祉短歌ワークショップ  (全3回/単発受講可)
※先着順ですが、応募多数の場合、通し受講の方を優先します。

住所  〒
名前(ふりがな)
年齢(任意)
連絡先(電話番号・FAX番号・E-mail等) 
手話通訳​ 要・不要  
    

申し込み・問い合わせ先
ひつじ短歌会代表 高田ほのか 
イベント発起人(高田ほのか・剣持 悟・大屋 正子)

連絡先  mail: makosyuwa@gmail.com
     tel : 09063795224  大屋


e-mail:makosyuwa@gmail.com  



開催場所

大阪市立総合生涯学習センター 大阪駅前ビル第3研修室(5F)大阪府大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
第1回(9/16)ココロに効く!福祉短歌ワークショップ 聴導犬とともに生きる ¥1,000 終了
第2回(10/14)ココロに効く!福祉短歌ワークショップ 見えないことからみえるもの ¥1,000 終了
第3回(11/18)ココロに効く!福祉短歌ワークショップ 久々に見上げた空がこんなにも青いとは ¥1,000 終了
募集期間:2017年7月20日(木) 12:00〜2017年9月15日(金) 21:00

イベントは終了しました


フォトアルバム


RSS

終了
イベント参加 16/20