当イベントは終了しました。

産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久先生独演会

2016年4月10日(日) 14:00〜16:30

産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久先生独演会

産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久先生独演会がアメリカの現状について語ります。

会場 文京区民センター2F
住所 東京都文京区本郷4-15-14 交通:都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口から徒歩10秒    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 千田会    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 千田会

イベント詳細

産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久先生独演会

古森 義久(こもりよしひさ)先生 産経新聞ワシントン駐在客員特派員
 1941年、東京生まれ、1963年、慶應義塾大学経済学部卒業後、毎日新聞社入社。米国留学後、記者として東京本社社会部、外信部を経て、1972年から南ベトナムのサイゴン特派員。1975年、サイゴン支局長。1976年、ワシントン特派員。1981年、米国カーネギー財団国際平和研究所上級研究員。東京本社政治部編集委員を経て、1987年、外信部副部長。
同年に毎日新聞社を退社して産経新聞に入社、ロンドン支局長。1989年、産経新聞ワシントン支局長。1994年、同ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員。1998年、中国総局長、産経新聞の31年ぶりの北京駐在再開の責任者となる。2001年から再度、産経新聞ワシントン駐在編集特派員兼論説委員。2013年から産経新聞ワシントン駐在客員特派員。
ボーン国際記者賞、講談社ノンフィクション賞、日本新聞協会賞、日本記者クラブ賞等多くの賞を受賞。
 フジテレビ、ニッポン放送、文化放送、CNN、FOX、PBSなどの日米のテレビ、ラジオにコメンテーターとして出演。
 文藝春秋、中央公論、SAPIO, 諸君!、正論、WiLL、ニューヨーク・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、インディペンデント等の誌紙に論文寄稿多数。
 著書『古森義久がオバマ・習近平・朴槿恵・金正恩を斬る』『なにがおかしいのか?朝日新聞』『迫りくる「米中新冷戦」 日本と世界は大動乱の時代を迎える』『中・韓「反日ロビー」
の実像 いまアメリカで何が起きているのか』『危うし!日本の命運』『アメリカが日本を捨てるとき』『ベトナム報道1300日』等約80冊。
【日時】 平成28年04月10日(日) 14時~16時30分(開場:13時30分)
【会場】 文京区民センター2F 2-A会議室(文京シビックセンター向かい側)
      東京都文京区本郷4-15-14  Tel:03-3814-6731
 交通:都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口から徒歩10秒
    東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」5番出口から徒歩3分
【参加費】 事前申込:1500円、当日申込:2000円
      事前申込の学生:500円、高校生以下無料
【懇親会】 17時~19時頃 参加費:事前申込3500円、当日申込4000円
【申込先】 4月9日23時迄にメール又はFAXにて(当日受付も可)(懇親会は4月8日

23時迄)
   ★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演10分前とさせて頂きます★
【主催】  千田会 https://www.facebook.com/masahiro.senda.50
           https://twitter.com/Masahiro_Senda
           FAX 086-428-6870 E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp
【次回講演会予定】4月16日(日) 14時~ 西村眞悟先生講演会「日本の安全保障~いま目の前に迫る危機」



開催場所

文京区民センター2F東京都文京区本郷4-15-14 交通:都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口から徒歩10秒


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
事前申込 ¥1,500 終了
事前申込の学生 ¥500 終了
高校生以下 無料 終了
当日申込 ¥2,000 終了
懇親会チケット 金額(税込) 状態
事前申込 ¥3,500 終了
当日申込 ¥4,000 終了
募集期間:2016年3月23日(水) 20:00〜2016年4月9日(土) 21:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 2/120
懇親会参加 0/40