日本の人材マネジメントのあるべき姿を考える 主催:田代英治の人事労務塾

2017年9月27日(水) 19:00〜21:00

日本の人材マネジメントのあるべき姿を考える 主催:田代英治の人事労務塾

人事労務担当者向けの実践的勉強会です

会場 新橋ビジネスフォーラム
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 田代英治の人事労務塾 運営事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

次回の田代英治の人事労務塾は…米国で開催された世界最大のHRプロのコミュニティ『SHRM17』参加報告から学ぶ!日本のあるべき人材マネジメントを考える、というテーマで開催します。

● なぜ本テーマを取り上げるのか?

世界最大のHRプロのコミュニティーSHRM(=Society for Human Resource Management)の2017年度年次総会(Annual Conference; SHRM17)が、6月18〜21日に米国ニューオーリンズにて開催され、世界各国から総勢約1万5000名(日本からは私を含め30数名)のHRプロが集結しました

4日間に、4つの基調講演の他、200以上の同時セッションが行われ、今年の大会のメインテーマは、「All in」。チームワークの重要性を謳ったものです。

基調講演者の一人、パトリック・レンシオーネは長年チームプレイの重要性を説いてきた人物です。多様化が急速に進む近年、一人のリーダーがいくら頑張っても限界があり、大きなプロジェクトの中で、いかにチームワークを発揮できるかが重要になっています。そのような状況において、理想のチームリーダー像が問われるのは、当然のことかもしれません。

また、元グーグルSVPのラズロー・ボックは、グーグルのPeople Operationを立ち上げた人で、Work Rulesの著者として有名です。グーグルの6つのWork Rulesを紹介されました。「あらゆる人事に関する決定は、すべてデータに基づく分析により、決定しており、優秀な人を動かすには、指示命令ではだめで、このような合理的なマネジメント手法が不可欠である」とのことです。 

私田代もこの大会に参加しましたので、同じく日本から参加したHRプロの方とともに、我々が観て感じた大会の概要をご報告させていただきます。

実践的な視点で、日本と米国の人材マネジメントの違い、あるいは共通していると感じたものを紹介し、これらから学ぶ日本の人材マネジメントのあるべき姿を皆さんと考えていきたいと思います。

● 講師

ー松下尚史さん(まつした ひさし)

グローバルHRプロの認定資格SHRM-SCPを日本で新規取得した日本人第1号。ニューオーリンズでの年次大会参加時には、グローバルHRプロ認定資格試験のテスト問題作成プロジェクトに日本人として初参画。
東京都出身。北海道大学法学部卒業、英国セント・アンドリュース大学院MEPコース(経営学・経済学・政治学修士)卒業。花王でのビジネスマン修行、留学、翻訳コーディネーター、PWCでの経営コンサルタント、日本IBM人事での人材育成担当と、約9年ごとにライフ・ステージをシフトした後、現在、日本ライフシフト協会の設立準備中。

ー田代英治(たしろ えいじ)

株式会社田代コンサルティング 代表取締役
神戸大学経営学部卒業後、川崎汽船株式会社勤務(1985年~2005年、人事部配属通算9年)。退職後、2006年9月に株式会社田代コンサルティングを設立。人事労務分野の実務経験を活かして、企業の人事制度の構築・運用や組織・人材開発を得意分野とする。

● 実施概要(詳細)

【日 時】
9月27日(水)19:00〜21:00(18:30受付) 

【場 所】
新橋ビジネスフォーラム
http://biz-forum.jp/access.html

三田線内幸町駅 2番出口目の前
地下鉄新橋駅 7番出口から徒歩3分
SL広場から徒歩5分

【参加費】
3,000円(税込)/回

※当日受付でのお支払い
※領収書発行致します
※終了後に同じ部屋にて簡単な懇親会を開催(会費2,000円、軽食アルコール付、参加任意)

【申込方法】
イベントページの最下部にある「参加ボタン」を押してください。

【定 員】
約50名

【主な参加対象】
人事労務や人材開発に関わる人事担当者、社労士など

● 主催の「田代英治の人事労務塾」とは・・・

前職の川崎汽船時代から通算すると「人事」の業界に約20年関わっていた私田代が「日々悩み決断に迷っている“人事担当者の背中を押す”ような会を発足させたい」という想いから企画をし、2016年6月に立ち上げました。

私自身もそうでしたが、人事労務の最前線にいると、次から次へやってくる課題に対し「本当にこれでいいのか」と判断に悩む場面が多く、日々格闘しているような感覚になります。本会のコンセプトは「古き良きを新しく」「コンプライアンスと良心による労務管理の実現」です。これらのコンセプトに共感していただける方のご参加をお待ちしております。

各回テーマに沿った専門家をお招きし、事例紹介に基づく議論や参加者同士の情報交換を通じて、自社の課題解決につながる実践的な勉強会を目指します。

==================
〈主宰者 略歴〉

「古き良きを新しく」をモットーに「コンプライアンスと良心による労務管理」の実現を目指す人事コンサルタント

田代英治(たしろ えいじ)

神戸大学経営学部卒業後、川崎汽船株式会社勤務(1985年~2005年、人事部配属通算9年)。退職後、2006年9月に株式会社田代コンサルティングを設立。人事労務分野の実務経験を活かして、企業の人事制度の構築・運用や組織・人材開発を得意分野とする。

~主な著書~
・人事部ガイド―はじめてでも分かる人事の取説―(労働開発研究会)
・はじめての人事社員の実務と心得(経営書院)
・なぜか会社も社員も気がつかない新しい働き方 人材開発会議(日本生活設計)

人事労務雑誌「労務事情」「人事実務」「企業と人材」(産労総合研究所)「労政時報」(労務行政)「労働法学研究会報」(労働開発研究会)「ビジネスガイド」(日本法令)「企業実務」(日本実業出版社)「先見労務管理」(労働調査会)「月刊人事労務実務のQ&A」(日本労務研究会)等に多くの執筆実績あり

====================
人事労務担当者のための実践的勉強会
「田代英治の人事労務塾」
代表 田代英治 事務局 中村純一・原田圭

〈お問合せ〉
田代英治の人事労務塾 運営事務局(中村)
E-Mail:admin@tashiro-sr.com TEL:03-6273-3980

 



開催場所

新橋ビジネスフォーラム


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
勉強会のみ参加 ¥3,000 募集中
勉強会+懇親会に参加 ¥5,000 募集中
募集期間:〜2017年9月27日(水) 19:00

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


RSS

申込可能