当イベントは終了しました。

地域における画像診断装置の活用研修会(RESCUE)

2017年7月30日(日) 09:00〜17:15

救急医療領域における超音波検査を学ぶ研修会

会場 京都府立医科大学 スキルスラボ
住所 京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 地域における画像診断装置の活用研修会(RESCUE)事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

救急医療領域において超音波を使いこなすことは、診療時間を短縮するだけではなく予後を改善し、満足度を向上することが知られています。しかしながら、わが国においては救急医療領域においても専門医と同等の知識・技術を教え込もうとする傾向が認められます。結果として、若い医師や看護師の超音波離れが促進してしまっていることから、このような弊害を低減させるために、米国救急医学会が提唱するガイドラインに基づき、救命のために必要な知識と技術に焦点を絞った教育を提供します。

 

対 象:救急医療領域で診療する機会のある医療従事者

定 員:講義(AM)+実技(PM) 30人

    講義のみ(AM)     約30人

     申し込み多数の場合は、抽選となります

受講料:無料

講義内容:心臓・下肢静脈血栓・腹部大血管・EFAST・神経ブロック

実技内容:心臓・EFAST・神経ブロック・シナリオ1・シナリオ2

講  師:児玉 貴光(愛知医科大学)

     入江 仁(京都府立医科大学)

     太田智行(東京慈恵会医科大学)

     亀田徹(安曇野赤十字病院)

     末盛泰彦(福岡リハビリテーション病院)

申込先:https://form.os7.biz/f/a9bcd0f6/

     こくちーずPROの本ページからではなく、「https://form.os7.biz/f/a9bcd0f6/」からお申し込みください。

主 催:京都府立医科大学・愛知医科大学

共 催:公益財団法人 地域社会振興財団

後 援:自治医科大学

 



開催場所

京都府立医科大学 スキルスラボ京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
こちらからチケットをお求めになっても無効です 無料 終了
募集期間:2017年6月8日(木) 00:00〜2017年6月22日(木) 22:59

イベントは終了しました


変更履歴

  • 募集終了日時を【2017-06-30 22:59:00】から【2017-06-22 22:59:00】に変更しました。2017年6月7日(水) 12:45

RSS

終了
イベント参加 8/50