当イベントは終了しました。

第九回安全保障講座

2016年2月9日(火) 18:30〜20:30

第九回安全保障講座

フランスから見た最近のテロ動向:対策と課題 -パリ同時多発テロから考える-

会場 大阪倶楽部
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 国家生存戦略研究会 関西支部    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 国家生存戦略研究会 関西支部

イベント詳細

 国家生存戦略研究会 関西支部

第九回安全保障講座(2月9日)

 まだ寒さが続いておりますが、お変わりなくご健勝にお過ごしのことと存じます。年頭からパリやジャカルタでテロが相次いでおります。日本人も危うく巻き込まれそうになりました。ヨーロッパでは移民の流入が止まらず、治安その他深刻な問題を引き起こしています。今回は、パリ在住25年のテロ、治安問題にお詳しい吉田彩子様から、テロと移民問題について最新の現地レポートを伺います。サミットやオリンピックを控えた日本にとっても教訓になることが多いことと存じます。振るってのご参加のほど、お願い申し上げます。

 国家生存戦略研究会 会長 矢野義昭


【テーマ、日時、講師、会場、参加費など】

・テーマ
フランスから見た最近のテロ動向:対策と課題 -パリ同時多発テロから考える-

・日時: 平成28年2月9日(火)18時半~20時半 (受付18:00~)

・講師: 吉田 彩子(よしだ さいこ) S.Y.International代表

パリカトリック大学社会経済学部にて地政学・国際関係学科修士課程1修了後、スケマビジネススクールにてエコノミックインテリジェンス・ナレッジマネジメント修士号取得。安全保障・司法高等国立研究所(INHESJ)にて安全保障・エコノミックインテリジェンス課程修了。         

在仏25年。2009年にS.Y.Internationalを設立。日本・フランス・アフリカ諸国を中心に、情報収集・分析、リスクマネジメント・危機管理、ビジネス交渉・ファシリテーションなど、戦略立案から実行サポートを含めた海外事業展開支援・戦略コンサルティングを行なう。その他の活動として、クレテイユ裁判所にて日仏法廷通訳・警察通訳、犯罪被害者を助ける会(PAV)にて邦人被害者のアシスタンス、日本戦略研究フォーラム(JFSS)研究員など。

・場所:大阪倶楽部3階会議室
(地下鉄淀屋橋駅9番または10番出口から西入、徒歩3分。TEL06-6231-8361)

・資料代: 2千円、学生千円

皆さまにお目にかかる日を楽しみにしております。



開催場所

大阪倶楽部


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
資料代 ¥2,000 終了
募集期間:〜2016年2月9日(火) 18:30

イベントは終了しました


変更履歴

  • 事務局名を【国家生存戦略研究会 関西支部】に変更しました。2016年1月22日(金) 07:27
  • 都道府県を【京都府】から【大阪府】に変更しました。2016年1月22日(金) 07:25
  • 住所(市区町村・番地)を【京都市中京区壬生森前町8-70】から【】に変更しました。2016年1月22日(金) 07:25

RSS

Styary(スタイアリー)
終了