当イベントは終了しました。

【売り込まずして、売れる人になる! コミュニケーションセミナー】

2015年11月8日(日) 13:30〜15:30

【売り込まずして、売れる人になる! コミュニケーションセミナー】

赤字経営が続いていた「日の出湯」を、「お客さまに心地よくなってもらう」 という一心で番台を務める中で学んだ、常連客を着実に増やすコツを語っていただきます。

会場 くまもと県民交流館パレア 10F 第8会議室
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 売り込まずして、売れる人になる!コミュニケーションセミナー 事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

【第4回】成長する会主催セミナー

セミナーの詳細をご覧頂き

ありがとうございます!

このたび、
東京浅草の銭湯「日野出湯」4代目、
銭湯業界を盛り上げようと奮闘中の
田村 祐一 氏をお迎えして、

  『売り込まずして、売れる人になる!
   コミュニケーションセミナー』

を熊本で初開催できる運びになりました!


<セミナー概要>
赤字経営が続いていた「日の出湯」。

そのような中、

「お客さまに心地よくなってもらう」 という一心で

番台をつとめる中で学んだ、
常連客を着実に増やすコツ・コミュニケーションについて
楽しく語っていただきます。


次の来熊がいつになるか分かりませんので、
是非この機会をお見逃しなく。

あなた様のご参加を
心よりお待ちしております!!

上野 大介


【講師について】
田村 祐一(たむら・ゆういち)

1980年12月生まれ。

東京都大田区蒲田にある
「大田黒湯温泉 第二日の出湯」の四代目、
銭湯の跡取りとして生まれ育つ。

大学卒業後、
家業である有限会社日の出湯に就職。
26歳の時に取締役に就任。

2010年8月、世界に銭湯ファンをつくる活動
「銭湯部」を創部。

SNSで話題を呼び、NHK首都圏ネットワーク、
お元気ですか日本列島、朝日新聞、
共同通信社などの取材を受ける。

2012年5月より創業の地である
浅草「日の出湯」のマネージャーとして
銭湯経営に携わる。

赤字経営が続いていた「日の出湯」だったが、
「お客さまに心地よくなってもらう」という
一心で番台をつとめることで、
常連客を着実に増やしている。

銭湯が減り続ける中、
業界を盛り上げようと奮闘中。


【メディア出演・著書など】
直近では、
9/26「TBSラジオ 久米宏 ラジオなんですけど」
10/8 「フジテレビ グッディ」
などなど、
ラジオ、TVに多数出演

著書:銭湯の番台が心がけている
   『常連さんが増える会話のコツ』
   http://www.amazon.co.jp/dp/4833421151

(書籍内容)
廃業寸前の銭湯「日の出湯」を
4代目として引き継ぎ、
経営を立て直すことを決意した著者。
「価格競争はできない」
「新たな設備投資もきわめて難しい」
「すぐ近くに強力な競合店がある」
このような“三重苦"を抱えたなかで、
他の銭湯との違いを出すために
取り組んだのが、お客さまとの日々の会話。
日々、番台でお客さまと話しながら、
失敗したり学んできた「感じがいい」店に
なるための会話のコツとは?

(書籍レビュー一部抜粋)
■「当たり前で些細なことは一番難しい」
内容は、考えてみれば当たり前で些細なことの積み重ねなのだが、
それを意識を持ってやり続けられるか、ということがこの本の根底を成している。

■「単なるテクニック本ではない。」
廃業寸前の銭湯の経営を、いかにして立て直したのか。
そんな内容に興味を持ってこの本を読んだ。
平易な言葉で書かれており、スイスイ読めてしまう。
そこに書かれていたのは、小手先のテクニックではなく、
心の持ち方の大切さである。
浅草の銭湯というだけあり、その心の持ち方こそが、
現代の意気なのではないだろうか。
経営の立て直しという点においては、満足のいく答えは得られない。
しかし、会話、コミュニケーションの本としては、
その平易な表現とは裏腹に、とても奥の深いものであった。

■「小さな、小さな、銭湯のクレドそれは幸せのバイブルだ」
この本には難しい事は何一つ書かれていません。
お江戸下町の銭湯の若き四代目の経営方針は”心配り”なのだ。
本当に純粋にお客様に想いを馳せ、心を配る。気を使うのと、
心を配る事のニュアンスの違いを感じます。
心ある客商売をした事のある人ならば”そうそう””あるある”と
頷くような事が満載で、それを愚直にやり続ける理念として
その想いが綴られています。
そしてその先にあるモノは小さな小さな幸せなんだろうなと
予測させる何かがあります

全ての接客業の方に読んで欲しい

心温まるようなエピソードは失敗談も含めて、
誰にでも手に届くところにあるような人に対する”心配り”だ、
その神髄は一泊何十万もする高級ホテルも、一回440円の銭湯でも同じである。
心の問題なのだと思う、下町の銭湯の番台で繰り広げられる心配り、
商売の神髄がそれだけに身近に感じられる。
私自信お客様商売をしているので、この本は仲間に読んで貰おうと思っている。
幹部の社員から、高校生のアルバイトスタッフ迄、読書慣れしていない人でも
2時間で”心配り”とは何かに触れる事ができる、教科書としてもうってつけです。

などなど。
http://www.amazon.co.jp/dp/4833421151


【開催概要】
コミュニケーションをもっと学びたい方への

  『売り込まずして、売れる人になる!
   コミュニケーションセミナー』

   in くまもと 開催!

講師: 東京浅草の銭湯「日野出湯」の
     4代目 田村祐一氏。

場所: くまもと県民交流館パレア 10F 第8会議室


定員: 少人数制
     (すみませんが、定員に達し次第、
      締め切りとさせていただきます。)

会費: 熊本初開催 特別前売り券 5000円(11/7まで)
    一般当日券       6000円
   
懇親会: 今回は講演会のみの開催となります。

 

 



開催場所

くまもと県民交流館パレア 10F 第8会議室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
熊本初開催 特別前売り券 (11/7まで)(締切日: 2015-11-7 23:59) ¥5,000 締切
一般当日券 ¥6,000 終了
募集期間:2015年10月1日(木) 00:00〜2015年11月7日(土) 23:59

イベントは終了しました


変更履歴

  • 会場名を【くまもと県民交流館パレア】から【くまもと県民交流館パレア 10F 第8会議室】に変更しました。2015年11月1日(日) 15:18
  • 会場名を【熊本市中心部 (お申し込み後、別途ご連絡いたします)】から【くまもと県民交流館パレア】に変更しました。2015年11月1日(日) 15:16
  • 会場のURLを【http://www.parea.pref.kumamoto.jp/about03.html】に変更しました。2015年11月1日(日) 15:16

RSS

Styary(スタイアリー)
終了