当イベントは終了しました。

“アドラー、ブッダの心理学”講座(原因論と目的論) 後楽園 3/26(土)夜

2016年3月26日(土) 18:30〜20:30

“アドラー、ブッダの心理学”講座(原因論と目的論) 後楽園 3/26(土)夜

難解なアドラー心理学を体系的に理解できる講座です。

会場 文京シビックセンター(後楽園駅・直結)
住所 東京都文京区春日1-16-21    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 目からウロコの東洋哲学    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

2015年のビジネス書売り上げランキング1位となり、
累計発行部数が100万部を超えた「嫌われる勇気
対話篇形式で「アドラー心理学」が解き明かされています。

今年2月には「嫌われる勇気」の続編となる「幸せになる勇気」が発売され、
アドラーブームがますます加熱していますね。

メディアや書籍で取り上げられることの多くなったアドラー心理学ですが、
どんなことが教えられているかご存知でしょうか?

アドラーは「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と唱え、
対人関係の問題を解決してこそ幸せに生きられると説き、
その問題を乗り越える方法を教えています。

 

今回は“原因論”と“目的論”に焦点をあてた講座です。

人間関係の苦しみや心の病の原因は
過去の心的外傷(トラウマ)である、とするのが原因論です。
ところがアドラーはトラウマの存在を否定し、目的論を提唱したのです。 

最先端の臨床心理学の世界でも、
原因論から目的論をベースとした精神療法が採用されており、
目的論を正しく理解すれば、
人間関係の苦しみや心の病から解放されるヒントが得られます。

講座では初めてアドラー心理学、仏教を学ばれる方にもご理解いただけるよう、
原因論と目的論についてお話します。


 

◇講座内容:
・アルフレッド・アドラーとは?
・アドラー心理学の目標、全体像
・トラウマは存在しない? ~原因論と目的論~
・仏教は過去思考? 未来志向?
・あきらめるの語源 “諦観”について

 

◇参加者の声:

~無理に認められようとせず、自分の課題と向き合う~
今日、初めてアドラーの心理学について学んで、
とても考えさせられることが多かったです。
人生の3つのタスクは、すべて私に当てはまるものでありました。
承認欲求についての話は興味深かったです。
無理に全員に認められようとするのではなく、
課題の所在を明確にし、自分の課題と向き合うことが大切だと分かりました。
(10代・女性)

~アドラーが何を語っているかわかった~
名前だけ知っていたアドラーについて、
何を言っている人なのか知ることができました。
講師の語り口が穏やかで、聞いていてラクでした。
(40代・男性)

~見方を変えれば、行動も変わり、人生も変わる~
今日もありがとうございました!
確かに物の見方によって自分の行動を決定しているし、
見方を変えられれば行動も変わり、人生も変わると思いました。
悲観的になりすぎる部分も、自惚れる部分も両方あるので、
正しく事実を見られるようになりたいです。
とても分かりやすく、明日からにやる気が出ました!
(20代・女性)


 

◇タイム・テーブル:
18:30 講義(40分)
19:10 休憩(10分)
19:20 講義(40分)
20:00 アンケート記入(10分)、質疑応答(20分)
20:30 解散

◇参加費:
カンパ制
(お気持ちを自由に箱におさめて下さい)

◇講師:飯田隆史



1975年 東京都生まれ
1994年 法政大学法学部政治学科入学

大学卒業後、仏教学院に入学し浄土真宗親鸞会にて講師となる。

以来、15年にわたり関東、東海、関西、北陸、韓国などで
一からわかる仏教勉強会を開催。年間講座回数100回以上。


 

ご参加にあたって:

○こくちーず以外の告知サイトやホームページでもイベント案内していまして、
そちらから毎回、参加される方があります。

○他のイベント案内からの申込み状況により、
定員(15名)に達する前に申込みを締め切ることがありますので、
今すぐお申込みください。



開催場所

文京シビックセンター(後楽園駅・直結)東京都文京区春日1-16-21


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加(参加はカンパ制です。お気持ちを受け付けております) 無料 終了
募集期間:〜2016年3月20日(日) 17:30

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了