当イベントは終了しました。

水戸黄門シリーズ脚本家直伝!映像シナリオワークショップ

2017年10月5日(木) 19:30〜21:30

水戸黄門シリーズ脚本家直伝!映像シナリオワークショップ

作品の土台となる技術を学ぶ

会場 株式会社フェローズ 東京本社7Fセミナー室
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル7F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ シナリオライティング シナリオ ワークショップ 水戸黄門シリーズ 脚本家 脚本 技術 映像業界 フェローズ 大原久澄
事務局 Fellows Creative academy    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ Fellows Creative Academy

イベント詳細

現代では、多種多様な表現の方法が存在しています。
その中のひとつ『映像』で表現をする際に、土台となるのが【シナリオ】です。

シナリオは、技術です、技術は知ることよりも「磨く」ことが大切です。
本講座では、土台となる【シナリオ】の書き方を学び、実践していきます。
 
映像制作に携わっている方や、映像制作に今後携わりたい方はもちろんのこと、映像を駆使し広報をおこなっていきたい企業の担当者にもオススメです。

シナリオの柱となる組み立て方の形式や、映像とシナリオの比較などを学んでいただいたあとに、実際に1分程度のシナリオを書いていただくことでスキルを磨いていただきます。
ワークでは他の参加者の作品を見ることができるので、自分の中になかった視点を得ることが出来ます。

[開催回数:1回 これまでの総受講者数:8名]

▼内容

1.シナリオの形式について/小説などとの違い
2.映像と、そのシナリオを比較してみる
3.実際にシナリオを書いてみよう!
4.発表
5.質疑応答

▼対象

・映像制作に携わっている方
・映像業界を目指している方
・映像を駆使して、広報していきたい企業広報担当の方

●受講後像
・作品の土台となるシナリオの書き方が学べます。
・実際に映像に起こすためのシナリオスキルを身につけることが出来ます。
・シナリオを通じて、映像制作の過程でどのような問題が起きるかを把握することが出来ます。

▼講師

大原久澄/シナリオライター・小説家
新潟県出身
大阪芸術大学文芸科卒業
第1回テレビ朝日シナリオ大賞・優秀賞受賞(2001年)

【主な作品】
■TV
子連れ狼シリーズ(2002年~2004年)テレビ朝日
女医・優 ~青空クリニック~(2004年)CX
名奉行!大岡越前シリーズ(2005年~2006年)
ティッシュ   (2007年)テレビ朝日
逃亡者おりん2 (2012年)テレビ東京
水戸黄門シリーズ(2010年~2014年)TBS
大岡越前シリーズ(2013年~2016年)NHKBS
石川五右衛門  (2016年)テレビ東京、他
■コミック
鬼平犯科帳   (2008年~連載中)作画・さいとうたかを リイド社
拓馬の風    (2009年~2010年)作画・あおきてつお リイド社
こんぺいとう  (2013年~2014年)作画・あおきてつお リイド社、他
■小説
冨久屋 けいあん花暦(2014年)朝日新聞出版
■映画(プロデュース)
夜だから~Bcouse the Night~(2014年)監督・福山功起 脚本・港岳彦
他に、CDドラマ・ラジオドラマ等 シナリオ作品多数

▼参加費


4,000円+税

<各種割引制度あり!>
フェローズから就業中 2,000円+税

フェローズ登録者 3,200円+税

クリステメルマガ登録者 3,600円+税



開催場所

株式会社フェローズ 東京本社7Fセミナー室東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル7F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
セミナーお申込 ¥4,320 終了
募集期間:2017年8月31日(木) 00:00〜2017年10月2日(月) 10:00

イベントは終了しました


フォトアルバム


RSS

終了
イベント参加 1/12