当イベントは終了しました。

【何もしないリーダーのみんなが疲れないマネジメント】出版記念セミナー 「つかれない」リーダーシップ

2018年1月14日(日) 13:30〜16:30

【何もしないリーダーのみんなが疲れないマネジメント】出版記念セミナー 「つかれない」リーダーシップ

自立した社員が自発的に動いて継続的に成果を生み出すチームをつくるコツをお伝えするセミナーです

会場 新大阪駅周辺
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ コーチング 組織開発 人材開発 人材育成 マネジメント 人間関係 コミュニケーション
事務局 コア・コンサルティング    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

 組織で働くみなさま 

あなたがもし以下のようなことにお困りならば、とても良い学びの機会を提供することができます。

 

☑ 今よりもっと強い組織をつくりたいと思っている

☑ もっと効果の高い本質的なマネジメントを実行したいと考えている

☑ 自ら考え、自ら行動する「自立型社員」を育てたいと日々試行錯誤している

☑ セミナーやワークショップでせっかく得た知識で中々思うような結果が出せない

☑ 組織を良くしようと頑張れば頑張るほど、逆に社員のやる気を削いでしまっている

 

強い組織を生み出す原動力は、何といっても、社員一人ひとりの自立した思考や行動に尽きます。

ですが、実際には、リーダーの思い描く理想の姿とは、大きくかけはなれてしまっている現実があるのではないでしょうか。

経営やマネジメントの現実は厳しいものです。周囲に相談することができず、自分の気持ちを誰にも分かってもらえないと感じて、孤立無援の戦いを強いられているたくさんの経営者やリーダーたち。

しかし、はっきり言ってしまえば、そもそも従業員は経営者ではないのですから、経営者と同じような視点ではなかなか物事を理解できません。

残念ながらそれが現実です。

なぜならば、経営者と従業員では、立場も環境も役割も違うからです。

ところが、経営者自身がそのことに中々気づくことができません。

ここで多くの経営者たちが早速行き詰まることになるのです。

そして、「何かおかしい」「何かが違う」という違和感を抱えながら、日々一生懸命努力を続け、自分だけが疲れてしまうパターンにはまり、結果、

 

「リーダーは孤独」

「誰にもわかってもらえない」

「人材に恵まれない」

 

というような被害者意識をもち、悪循環に陥ってしまうのです。

 

社長でも社員でもどんな立場の人であっても、気づきこそが人を次のステージへと成長させることができます。つまり、成長への第一のステップは何事においても「気づき」から始まります。しかしながら、気づきは誰かに与えられるものではありません。本人が自分で得るものなのです。ここに経営やマネジメントの難しさがあります。

元来、他人をコントロールすることはできません。水場に馬を連れて行っても、水を飲むとは限りません。

相手が水を飲みたくなるまで待つしかないということが結論であり、原理原則なのです。強制力や義務感を押し付けて無理やり行動させたとしても、生産性が上がったり、創造的なシナジーが生み出されることはないでしょう。つまり、組織を自立的な成長へ向かわせることのできる気づきは、コントロールフリーな状態でこそ生まれるものとなります。

 

社員たちは本当に気づけるようになるのだろうか?

自立した行動を取り、自ら成長して行く社員に変わってくれるのだろうか?

そもそも、リーダーとして自分がすべきこと、役割とは何だろうか?

コントロールしないということは、多くのことを放棄し、社員を無視して関心をもたなくても良いということなのだろうか?

 

もしかしたら、そのように考えてしまうかもしれません。

 

あなたが、このセミナーに参加することで、具体的には以下のようなことを学ぶことができます。

 

◎社員の自立的な成長を促すサイクルを社内にどのように構築すれば良いのか?

◎社員同士自発的に関わり合い、成長していくことができる関係性はどのように生まれるのか?

◎コントロールフリー経営の世界とは?

◎社長やリーダーの実務を減らしながらも事業が拡大して行くのはなぜなのか?

◎どうしたら、もっと心身ともに疲れず、穏やかに日々経営やマネジメントを行っていくことができるのか?

Etc…

 

机上の空論ではなく、自身も経営に携わり、且つ様々な会社と多くのビジネスマンに関わって来た結果、導き出された真実と、人が活きるマネジメントのコツを、現役経営者であり、組織と人材開発のプロでもある2人があなたにお伝えいたします。

 

■ファシリテーター紹介

伊藤彰記(いとう あきのり)

コア・コンサルティング代表

1948年創業の鉄鋼問屋4代目現役社長。

6割売り上げがダウンしたリーマンショック直後に家業を引き継ぎ社長に就任、最悪の状態から売上4倍、従業員数も4倍に成長、増収増益を続けている。

現在は、事業の多角化を進め、10事業3社の代表取締役を務める。

その傍らで、自社を変革させたプロセスを体系化(COAメソッド)し、他の企業にも導入できるようにコンサルティングメニューを構築、組織開発のコンサルティング業務も行っている。

仕組みやシステムなど、「やり方」だけのアプローチではなく、主に「人間関係改善」や「意識改善」など、「あり方」にアプローチし、分離されがちな心の領域とビジネスの領域を統合させることで、問題の根本解決をはかっている。

株式会社ホウキン代表取締役 株式会社るるまる代表取締役 株式会社コア代表取締役

書籍「自分の小さな箱から脱出する方法」 アービンジャー公認ファシリテーター

一般財団法人 日本コンサルタント協会 公認コンサルタント

一般社団法人 日本プロセラピスト養成協会 心理セラピスト

 

安藤 英紀 (あんどう ひでき)

コア・コンサルティング パートナー
大学卒業後、自分らしい生き方を求めてオーストラリアへ渡り、帰国後旅行会社に入社。香港、シンガポールを拠点として10年間海外勤務生活を送る。30歳で取締役海外統括部長に就任。その後トップシェアの精密機械メーカーに転職し、取締役を経て、独立。リーマンショックを機に成果主義や問題解決型の経営手法に疑問と限界を感じ、リーダーシップ、コーチングやチームビルディング等について学び始める。その中で、自分自身との対話を通して自らのソース(源)とつながり、そこから行動を起こすことで望む現実がつくられるということを体験する。ひとりひとりが【私は何者か】について自覚・探求し、そのことを表現していくことが自分の人生を生きるということであると信じ、更なる自己探求、自己表現を重ねている。

これまでの会社経営で培われた経験をベースに、個々の変容が組織の【場】において表現され、組織の変容につながっていくことをサポートしながら、自らも変容を続ける毎日を送っている。

CPCC(米国CTI認定プロフェッショナルコーチ)

 

■セミナー受講対象者

・中、小規模企業の経営者層の方・もしくはそれに準ずる方

 

■日時・場所:

 

【大阪】2018年1月14日(日)13:30~16:30

 ※会場詳細につきましては、お申込者さまへ直接ご連絡させていただきます。

 

■定員:10名

 ※定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。

 

■参加費:5,000円

 

■お申し込み:

 本ページにてご登録をお願いいたします。その後、セミナー会場およびお支払いについてのメールを送信させていただきます。

 

■参加特典:今回参加いただいた方には、エグゼクティブコーチングのサンプルセッションを1回無料体験していただけます。



開催場所

新大阪駅周辺


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
「つかれない」リーダーシップ ¥5,000 終了
募集期間:〜2018年1月14日(日) 13:30

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベントチケット「「つかれない」リーダーシップ」のチケット販売枚数を【10】から【12】に変更しました。2018年1月10日(水) 22:25
  • 定員を【10】から【12】に変更しました。2018年1月10日(水) 22:22

RSS

終了
イベント参加 10/12