当イベントは終了しました。

ハイデガーとラカン — 精神分析の純粋基礎としての否定存在論とそのトポロジー

2017年10月1日(日) 14:00〜18:00

ハイデガーとラカン — 精神分析の純粋基礎としての否定存在論とそのトポロジー

東京ラカン塾の 2017-2018 年度始めの特別集中講義

会場 アカデミー茗台 7 階 学習室 A
住所 東京都文京区 春日 2-9-5 アカデミー茗台7 階    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 東京ラカン塾    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 東京ラカン塾

イベント詳細

東京ラカン塾の 2017-2018 年度始めの特別集中講義を,「ハイデガーとラカン — 精神分析の純粋基礎としての否定存在論とそのトポロジー」の表題のもとに行います.

Jacques Lacan の教えは,その総体において,精神分析を純粋に — すなわち,非経験論的に — 基礎づけることに存します.

彼は,最晩年の Séminaire XXV『結論する瞬間』の1978年4月11日の講義で,こう言っています:「性関係はあらず — それが精神分析の基礎である」.

否定命題「性関係はあらず」が公式化する精神分析の基礎を,我々は,「否定神学」(théologie apophatique) にならって,「否定存在論」(ontologie apophatique) と名づけます.それは,如何なる経験科学(生物学,医学,心理学,社会学,言語学,等々)にも依拠しない精神分析の純粋基礎です.

今回の集中講義で論ずることは,以下のとおり:

1) 如何に Lacan は否定存在論を Heidegger から抽出したか;

2) 否定存在論とそのトポロジーの概要;

3) 如何に精神分析は否定存在論によって純粋に基礎づけられるか.

3時間程度の講義と,1時間程度の質疑応答を予定しています.

出席希望者は,東京ラカン塾主宰,小笠原晋也(e-mail : ogswrs@gmail.com または電話 090-1650-2207)へお申し込みください.

参加費1000円は,当日会場で現金でお支払いください.

会場は,文京区の施設,アカデミー茗台(めいだい)の 7 階の学習室 A です.当日,WiFi が利用できるよう用意する予定です.

 

HEIDEGGER WITH LACAN : Apophatic Ontology and Its Topology as Pure Foundation of Psychoanalysis

The whole of Lacan’s teaching consists in his effort of founding psychoanalysis in pure way with no supposition of empirical sciences such as biology, psychology or sociology. We will baptize this pure foundation of psychoanalysis « apophatic ontology » after « apophatic theology » for Lacan says that his negative ontological formula « there is no sexual relationship » constitutes the foundation of psychoanalysis.

In our special lecture at this beginning of the academic year 2017-2018 we will discuss :

1) how Lacan extracted apophatic ontology from Heidegger’s teaching ;

2) a synopsis of apophatic ontology and its topology ;

3) how psychoanalysis is founded on apophatic ontology.

 

HEIDEGGER AVEC LACAN : L’ontologie apophatique et sa topologie en tant que fondement pur de la psychanalyse

Tout l’enseignement de Jacques Lacan consiste à fonder la psychanalyse de façon pure, sans aucune supposition des sciences emiriques telles que la biologie, la psychologie ou la sociologie. Ce fondement pur de la psychanalyse, nous le nommons « ontologie apophatique » d’après la « théologie apophatique », puisque Lacan dit que sa formule ontologique négative qu’ « il n’y a pas de rapport sexuel », c’est le fondement de la psychanalyse.

Dans notre conférence spéciale à cette rentrée de l’année scolaire 2017-2018, nous exposons :

1) comment Lacan a extrait l’ontologie apophatique de l’enseignement de Heidegger ;

2) un aperçu de l’ontologie apophatique et de sa topologie ;

3) comment la psychanalyse se fonde de l’ontologie apophatique.

 

Date : the 1st October 2017, from 14:00 to 18:00

Place : the room A at the 7th floor of the Academy Meïdaï (Kasuga 2-9-5, Bunkyo-ku, Tokyo)

Fee : 1,000 yen (to be paid in cash on arrival)

Application or question by mail to ogswrs@gmail.com or by telephone to 090-1650-2207


開催場所

アカデミー茗台 7 階 学習室 A東京都文京区 春日 2-9-5 アカデミー茗台7 階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
東京ラカン塾特別集中講義 ¥1,000 終了
募集期間:〜2017年10月1日(日) 14:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • 会場名を【アカデミー茗台 学習室 A】から【アカデミー茗台 7 階 学習室 A】に変更しました。2017年9月13日(水) 14:07
  • 定員を【30】から【50】に変更しました。2017年8月8日(火) 11:10
  • 会場名を【文京シビックセンター】から【アカデミー茗台 学習室 A】に変更しました。2017年8月8日(火) 11:09

RSS