当イベントは終了しました。

認知行動療法を臨床実践に活用する技法の解説とケース検討会

2016年8月20日(土) 10:00〜16:00

認知行動療法を臨床実践に活用する技法の解説とケース検討会

認知行動療法の基本と技法の開設および医療・教育福祉分野でのケース検討会

会場 新潟市総合福祉会館 401・402号室
住所 新潟県新潟市中央区八千代1丁目3-1 新潟市総合福祉会館    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 合同会社カウンセリングルームさくら    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

認知行動療法を実戦で用いたい方には最適なチャンスです。早稲田大学人間科学学術院教授である鈴木伸一先生と新潟大学教授神村栄一先生(臨床心理士・専門行動療法士)を講師にお迎えし、医療分野と教育・福祉分野に分けた認知行動療法のケースフォーミュレーションの事例検討会を開催します。日頃、理論だけの講演会では身につけられない実践について少人数で検討します。参加費は10,000円(大学院生は7,000円)です。

 午前10:00~12:00 認知行動療法の基本と技法についての解説

 午後13:00~16:00 グループごとによるケース検討会(A:医療 B:教育・福祉)

各グループに対し、各2名のケース発表者を募集します。専門家のアドバイスを受けながらの貴重な検討会です。ぜひ、積極的にご参加ください。尚、ケースを提出したい方は、sakuracbt555@gmail.com (担当:代表小林)まで氏名・所属・連絡先電話番号およびケースの内容を記載の上、メールしてください。各グループ(A:医療 B:教育・福祉)先着2名様とさせていただきます。ケース発表の申し込み締め切りは8月10日までとさせていただきます。

本企画は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会における臨床心理士資格更新ポイント取得研修会として申請する予定です。ポイントを取得するためには5時間以上の参加が条件となります。



開催場所

新潟市総合福祉会館 401・402号室新潟県新潟市中央区八千代1丁目3-1 新潟市総合福祉会館


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
認知行動療法を臨床実践に活用する技法の解説とケース検討会(医療) ¥10,000 終了
認知行動療法を臨床実践に活用する技法の解説とケース検討会(院生) ¥7,000 終了
認知行動療法を臨床実践に活用する技法の解説とケース検討会(教育・福祉) ¥10,000 終了
CBT事例提供者(医療)(締切日: 2016-8-10 18:00) ¥5,000 満席
CBT事例提供者(教育・福祉)(締切日: 2016-8-10 18:00) ¥5,000 満席
募集期間:2016年6月23日(木) 09:00〜2016年8月10日(水) 17:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • イベントチケット「認知行動療法を臨床実践に活用する技法の解説とケース検討会(教育・福祉)」のチケット販売枚数を【25】から【20】に変更しました。2016年8月7日(日) 11:56
  • イベントチケット「認知行動療法を臨床実践に活用する技法の解説とケース検討会(医療)」のチケット販売枚数を【25】から【20】に変更しました。2016年8月7日(日) 11:56
  • イベントチケット「CBT事例提供者(教育・福祉)」のチケット販売枚数を【1】から【2】に変更しました。2016年7月9日(土) 08:05

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 27/50