当イベントは終了しました。

英語指導法ワークショップ 苦手を防ぐ英語指導法の What? と How?

2015年9月21日(月) 00:00

英語指導法ワークショップ 苦手を防ぐ英語指導法の What? と How?

英語を苦手をする生徒は、どこに、どのように困難を感じているのでしょうか?

会場 仙台市情報産業プラザ セミナールーム2A
住所 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 アエル内    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

bus”を“dus”と書いたり、“little”を“レター”と読んだりする子はいませんか?

英語を苦手をする生徒は、どこに、どのように困難を感じているのでしょうか?
どうしたら、その困難を軽減し、得意を伸ばすことができるのでしょうか?

 

簡単そうで意外と難しいアルファベットから、まとまった英文を読んで理解する力を伸ばす指導のポイントなど、何を(What)どのように(How)指導すればよいのか、長年、小・中・高校生のサポートに取り組み、英検準2級・2級合格者を輩出するなどしてきた講師が、‘具体的な指導の手立て’をご紹介します。

http://rise.gr.jp/kouza_2015 

《講師》認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所 代表 小野村 哲
《対象・定員》入門から中級程度までの英語(EFL)教育に関心のある方 35名程度
《時間》10:30~16:00(10:00~受付)途中休憩あり
《内容》
①生徒の困難を疑似体験 
b / d を混同する、聞き取れない、読めないなど、「疑似体験」を通してつまずきの原 因と対処法を考えます。

②学習ストラテジーを伸ばすには
音情報と視覚情報、単語の理解と文脈からの類推、さらには授業での学びと暮らしの中での学びなど、情報をバランスよく統合し「自ら学び取る力」を伸ばす工夫を検討します。

 ③何を、どのように練習すればよいのか
シンプルだからこそ難しい「アルファベット」や後々まで影響する「音に関する気づきの不足」を補う指導、語彙力、リスニング力、読解力などをテーマに具体的な指導のポイントをご紹介します。

・詳細、お申し込みは、http://rise.gr.jp/kouza_2015 をご覧ください。
・参加費の支払は、原則前払いとなります。銀行または郵便局へ参加費をお振込いただいた後、参加受付証をお送りします。

★ 東京会場(8月22日)、北九州会場(1010日)もあります。 

☆ リヴォルヴ学校教育研究所の活動はホームページから http://rise.gr.jp/



開催場所

仙台市情報産業プラザ セミナールーム2A宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 アエル内


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
一般 ¥5,000 終了
学生 ¥3,000 終了
募集期間:2015年8月5日(水) 00:00〜2015年9月20日(日) 00:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/35