当イベントは終了しました。

結果を出す人のプレゼン技術講座【企画書・提案書】

2016年7月8日(金) 10:00〜17:00

結果を出す人のプレゼン技術講座【企画書・提案書】

確実に通る企画書・提案書を作る

会場 share YODOYABASHI deck
住所 大阪府大阪市中央区北浜4 丁目2-13 淀屋橋今西ビル4F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

「企画書を出しても出しても通らない」

「お客様に刺さる提案書がなかなか書けない」

「書類段階で採用されず、プレゼンにすら進めない」

このような悩みを抱えるビジネスパーソンがたくさんいます。競合他社に負けないよう、新しい斬新な企画や、顧客の問題解決のための提案がどんどん求められる中、いつまでも苦手意識を持ったままではどんどんライバルに差をつけられてしまいます。

そこで相手の心をつかみ、心に刺さり、そして確実に「通る」企画書・提案書作成のポイントを、基礎から学べる1日講座です。

■本講座で学べること、身につくこと

  • 企画書・提案書に「何を書かなければならないか」が学べます
  • 企画・提案内容に説得力を増すコツが学べます
  • デザインの基本を身につけ、見栄えを良くする技術が身につきます

■こんな方にオススメです!

・これからバリバリ資料を作る必要がある方
・日頃から作成しているが、もっと効率良く作成したい方

■プログラム

1.確実に相手の「心」を掴むにはどうすればいいか?

  • 「企画書」と「提案書」の違いは何?
  • 確実に読まれる書類、確実にゴミ箱行きの書類の違い

2.確実に伝わる企画書・提案書の「考え方の基本」

  • なぜ企画書・提案書が必要か?
  • 何を書かなければならないか?

3.確実に伝わる企画書・提案書の「構成」

  • 何の企画・提案か?
  • なぜ必要か?
  • どのように実現するか?

4.確実に伝わる企画書・提案書の「レイアウト」

  • 視線の流れに沿って配置する
  • レイアウトはパターン化せよ

5.確実に伝わる企画書・提案書の「デザイン」

  • 文章よりも視覚で訴えよ
  • 読みやすさを支える「余白」の使い方

6.確実に伝わる企画書・提案書にする「チェックポイント」

  • 相手が絶対にチェックするところはどこか?
  • 提出する前に、1日寝かせよう

※プログラムは進行状況などにより変更する場合があります。


開催場所

share YODOYABASHI deck大阪府大阪市中央区北浜4 丁目2-13 淀屋橋今西ビル4F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
企画書 ¥21,600 終了
募集期間:〜2016年7月7日(木) 17:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了