当イベントは終了しました。

復興ボランティア学ワークショップ(学生向け/無料)

2016年9月7日(水) 13:00〜16:00

本ワークショップは、震災復興の現場の声から、地域問題を解決するために自分が取り組むべき課題を見つけ、一人一人が具体的な一歩を踏み出すところまで導きます。

会場 崇城大学SOJOベンチャーズ スタートアップラボ
住所 熊本県熊本市西区池田 4-22-1 G号館2F    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 石巻専修大学山崎ゼミナール    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

 東日本大震災があった東北は、「課題先進地域」とも呼ばれています。災害復旧の後に、介護や雇用、教育など、多くの地域問題が発生しています。

 しかし、これら震災復興の過程で生じた課題は、「災害」を契機にまとまって表面化しただけで、そのような問題は従来から地域に内在されていたにすぎません。同様な問題は全国いたるところに存在しています。熊本地震があった熊本も例外ではありません。

つまり、被災地の課題について知り考えることは、自分たちの地域問題を発見することにつながります。そして、その問題を考えることによって、地域の問題を解決し、災害に強いまちづくりを実現できるのです。

 ワークショップでは、震災復興の現場の声から、地域問題を解決するために自分が取り組むべき課題を見つけ、一人一人が具体的な一歩を踏み出すところまで考えます。

 

 


〔ワークショップの進め方〕 

 参加者は4~6人のグループに分かれ、石巻専修大学の学生がファシリテーターとなって、ワークショップを進行します。ファシリテーター以外の学生もグループの対話に参加します。

 

 ①「復興ボランティア学」の講義録を読むことによって情報を共有します。

 ②共有した情報を基にグループで対話をしながら復興や防災について考えます。

 ③被災地の課題を「自分ごと」として捉えることによって身近な行動につなげます。

 

 

〔復興ボランティア学とは〕

 「『知ること』から始まる復興支援」をテーマに石巻専修大学で2013年度から開講されている講座です。石巻周辺地域の復興支援で活躍している団体や企業のリーダーを招いたオムニバス形式の講義です。



開催場所

崇城大学SOJOベンチャーズ スタートアップラボ熊本県熊本市西区池田 4-22-1 G号館2F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
イベント参加無料 無料 終了
募集期間:〜2016年9月7日(水) 13:00

イベントは終了しました

RSS