手話による医療通訳の必要性についてー病院内手話通訳活動報告および通訳事例検討会ー

2017年11月4日(土) 10:00〜18:10

手話による医療通訳の必要性についてー病院内手話通訳活動報告および通訳事例検討会ー

手話による医療通訳と病院内手話通訳者の取り組み及び当事者の経験談をお話ししていただき、医療通訳倫理を絡めた通訳事例と解決手段を含めた展望についてを検討します。

会場 本所地域プラザBIG SHIP多目的ホール(4階)
住所 東京都墨田区本所1丁目13番4号      地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 医療通訳 パラリンピック 健康 手話 院内手話通訳 病院 手話通訳 聴覚障害者 障害者権利条約 障害者差別解消法
事務局 特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスター事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

手話は言語であることを定義した障害者権利条約が日本では2007年に批准されたことに伴い、現在は条約に準じた国内法の整備が進められています。2016年に障害者差別解消法が施行され、障害を理由とする差別を解消するために様々な取り組みが行われています。
手話も言語の1つとして扱い、医療の分野においてもその専門性を高めて医療通訳も担うことが望まれています。しかし、聴覚障害者の医療に関心をもつ医療関係者のネットワーク(聴障・医ネット)によると、手話通訳者を設置している病院の数はわずか21病院に留まり、全国的にも  まだ少ない現状となっています。
日本では2020年の東京オリンピック/パラリンピック開催に向け、外国人のための医療通訳者養成が推進されていますが、聴覚障害者のための手話通訳  に関してはこのような専門的な養成制度がほとんどありません。
 実際の取り組みをみると、神奈川県の北里大学病院では手話通訳士である看護師の 木立 玲子 氏が、看護業務と並行しながら随時、院内で手話通訳活動を実施しています。また、大阪府枚方市では「枚方市の医療通訳を実現させる会」の 寺嶋 幸司 氏のご尽力により、2014年に医療通訳養成として全国初の手話講座が開設されました。寺嶋氏は、医療通訳士協議会でも倫理規定作成実行委員として精力的に活動されています。
 今回、医療の現場における手話通訳の現状を踏まえて、手話による医療通訳と病院内手話通訳者の必要性を啓発するために、これらの取り組み及び当事者の経験談をお話ししていただき、"医療通訳倫理を絡めた通訳事例" と "解決手段を含めた展望について" を検討する事としました。
 (団体について)  
特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスター(略、IGB)は、情報バリアフリー推進のために社会問題の解決をはかる団体です。
IGBは2014年4月に開催した定例会「専門通訳の課題を知ろう!」において、特定非営利活動法人MICかながわの副理事長 岩元 陽子 氏に「医療通訳の現状と課題」、および 高山 亨太 氏に「医療分野における手話通訳の課題」を講演して頂きました。
また、共催の聴覚障害者医療サポート協会(略、聴サポ)は、聴覚障害者の医療環境を充実させるための団体です。医師、看護師、薬剤師などの医療従事者と、手話学習者あるいは手話通訳者、そして聴覚障害者のメンバーが集まって、病気啓蒙のための講演会、手話学習者や手話通訳者への研修指導、医療従事者への啓蒙のための研修会などを行っています。

【イベント詳細】
(一部変更の可能性あり)

①講演:入院治療におけるコミュニケーション
(10:10~11:10(60分))
 大杉 豊 氏、ろう者、筑波技術大学教授

②講演:大学病院での院内手話通訳活動の現況報告と課題
(11:40~12:25(45分))
 木立 玲子 氏、看護師、手話通訳士
 
 
<昼休憩 12:40~13:45(65分)>

③講演:医療における通訳 〜手話を言語と言うのなら〜
(13:45~15:30(105分))
 寺嶋 幸司 氏、手話通訳士

④パネルディスカッション:通訳事例検討会(医療通訳倫理関連)
(16:00~18:00(120分))
 司会:寺嶋 幸司 氏
 パネリスト:大杉 豊 氏、木立 玲子 氏、平野 浩二 氏(医師、手話通訳士)、その他1~2名調整中

【開催概要】

◇日時
 
2017年11月4日(土)10:00~18:10
                                 (9:30受付開始)
◇場所
 
本所地域プラザBIG SHIP多目的ホール(4階)
 東京都墨田区本所1丁目13番4号
 (会場詳細)https://www.cp-bigship.net/
 (最寄駅)
     都営浅草線・都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩8分 
     東京メトロ・都営浅草線「浅草」駅より徒歩12分 
     都営浅草線「本所吾妻橋」駅より徒歩12分
     JR「両国」駅より徒歩15分
◇参加対象 
 
   どなたでも参加できます
    ※手話通訳、PC要約筆記、磁気ループがつきます
◇参加費 
     インフォメーションギャップバスター及び聴覚障害者医療サポート協会の会員:
                     2,000円(当日申込は2,500円)
     一般の方: 3,000円(当日申込は3,500円)
     ※事前申込・支払制(返金不可)
     ※銀行振込もしくはクレジットカード決済(当日申込は現金払い)

◇定員
 
100名(当日申込は定員に余裕がある場合のみ先着順で入場できます)

 ※多くのお問い合わせを頂いております。
   現在満席の為、当日は入場できない可能性がございます。

◇申込締切
 
10月28日(土)
     ※準備の関係上、事前の申し込みと参加費入金をお願いします
     ※参加費入金後キャンセルの場合は返金できませんのでご承知置きください
◇お問合せ先
   特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスター事務局
   E-mail:staff@infogapbuster.org
主催:特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスター
           http://www.infogapbuster.org/
共催:聴覚障害者医療サポート協会
           http://sign-hospital.sakura.ne.jp/wp/
【申込み及び支払い方法】
◇お申込み方法 
当ページ下部の「申込む」ボタンで申し込みページが開きます。連絡先、お名前(フルネーム)を  ご入力ください。
お申込みいただきますと、 こくちーずからお支払い方法を記載したメールが届きます。
ご入金をもって正式な受付となりますので、銀行振込、またはクレジットカード決済で参加費の事前お支払いをお願いします。



【注意事項】
・会場内は飲食禁止です
・昼食のご用意はございませんので、各自で会場付近の飲食店など外でおとりください

 



開催場所

本所地域プラザBIG SHIP多目的ホール(4階)東京都墨田区本所1丁目13番4号  


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
インフォメーションギャップバスター及び聴サポの会員(締切日: 2017-10-28 23:00) ¥2,000 満席
一般の方(締切日: 2017-10-28 23:00) ¥3,000 満席
募集期間:2017年9月5日(火) 00:00〜2017年10月28日(土) 00:00

受付終了


変更履歴

  • 定員を【102】から【100】に変更しました。2017年9月23日(土) 09:54
  • 定員を【105】から【102】に変更しました。2017年9月23日(土) 09:54
  • 定員を【100】から【105】に変更しました。2017年9月23日(土) 09:53

RSS

受付終了
イベント参加 100/100