中国での商品販売を成功に導く最新アリババ活用術

2018年1月25日(木) 18:00〜19:30

中国での商品販売を成功に導く最新アリババ活用術

急拡大する中国ECで自社商品を販売するための第一ステップは、アリババグループ指定の方法を通じた商品情報提供!!

会場 TKPガーデンシティPREMIUM京橋(ホール22C)
住所 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン 22F    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
タグ 中国進出 EC 越境EC 中国マーケット アリババ ビジネス 中国とビジネス 中国新規参入 中国事業 中国EC
事務局 1WorldSync Japan合同会社    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

<セミナー内容>

世界最大のECプラットフォームであるアリババ。「独身の日」のイベントで2.8兆円の売上を1日で出すなど、日本でも話題になることが多くなりました。アリババが運営する様々なプラットフォームの中、世界各国の輸入ブランド商品を専門に扱うTmallサイトは、日本企業の中国におけるEC販路拡大においては絶対に外せない販売パートナーです。
アリババグループは、自社の様々なプラットフォーム上における商品情報を、体系的に管理し、実績分析、偽物防止などの観点から、GS1標準(※1)を導入し、商品を正しく識別すると同時に世界中のメーカーに対して、信頼に足る商品情報の提供を求めています。
上記を実現化するためのアリババのテクノロジーは激しく進化しており、日本の商慣習の考え方では対応が困難です。本セミナーではアリババ中国本社のデータマイニングチームをお招きし、消費者に信頼できる商品情報を伝えることのメリットならびにアリババへのデータ提供方法をわかりやすく説明します。
※1…GS1標準とは、サプライチェーンの効率と透明性を高めるために使われる国際標準。バーコードで代表される商品識別、電子商取引、商品データベースなどの標準が含まれる。

 セミナー 18:00~19:30 (開場17:30)

Part.1 アリババの実態と今後
日本企業がアリババを活用するために知っておくべきこととは(20分)
講師:アリババ株式会社 Japan MD Center センター長 青嶋 剛史 氏
Part.2 アリババがメーカーに求める商品情報
アリババの商品情報方針と日本メーカーにとってのメリット(30分)
講師:Alibaba Inc.   Data Expert in Business Platform Unit / Suhui Wu  氏
Part.3. アリババが選んだ商品情報管理インフラ1WorldSyncの具体的な利用方法
GS1ネットワークを活用した商品情報のグローバル配信(30分)
講師:1WorldSync Japan 合同会社 代表執行役員社長 朴 水石 氏
Part.4 質疑応答(20分)


1WorldSync Japan(ホームページはこちら



開催場所

TKPガーデンシティPREMIUM京橋(ホール22C)東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン 22F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
中国での商品販売を成功に導く最新アリババ活用術 無料 募集中
募集期間:2018年1月4日(木) 09:00〜2018年1月19日(金) 23:59

※Facebookのアカウントをお持ちの方は、上のボタンをクリックしてお申込みできます。
※Facebook経由でログインした場合は、こくちーずプロの会員登録も自動的に行われます。


RSS

申込可能