当イベントは終了しました。

開かれた政府と表現の自由の今-情報の自由な流れをつくる

2015年10月6日(火) 18:30〜21:00

開かれた政府と表現の自由の今について考えるシンポジウム

会場 専修大学神田校舎5号館551教室
住所 東京都千代田区神田神保町3-8 専修大学神田キャンパス 5号館511号教室    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 情報公開クリアリングハウス    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

================================

 世界知る権利デーシンポジウム

 開かれた政府と表現の自由の今-情報の自由な流れをつくる

================================

 日 時 2015年10月6日(火) 18:30~(開場18時)
 場 所 専修大学神田校舎5号館551教室
      交通案内 http://bit.ly/Wfk2bW
      キャンパスマップ http://bit.ly/1OB9hGm
      
 資料代 1,000円(主催関係団体会員無料)
 定 員 80名(先着順。資料の準備の都合上、事前申込をお願いしています)
 主 催 開かれた政府をつくるプロジェクト
      日本ペンクラブ×自由人権協会×情報公開クリアリングハウス
      の共同プロジェクト

 ○基調講演
 
 「世界の開かれた政府と表現の自由、情報の自由の今」
    デイビッド・バニサーさん(Article19 シニアリーガルカウンシル)

 ○日本からの報告  ※予告なく登壇者が変更される場合があります

   山田健太(専修大学教授、日本ペンクラブ言論表現委員会委員長)
   澤康臣さん(共同通信特別報道室)
   三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)  他  

【Article19とは】
 ロンドンにある国際NGO。基本的人権として表現の自由と情報の自由を擁護する活動
を行う。表現の自由の脅威に対する世界各地での監視、調査、発表、キャンペーン、ア
ドボカシー活動などを行うとともに、透明性向上と市民参加強化のために情報公開法制
の各国での制定、政府及び市民社会双方に制度制定のための支援を行っている。

○デイビッド・バニサーさん
 20年近く情報政策分野に取り組み、情報公開、表現の自由、メディア政策、公益通報
者保護、通信のセキュリティ、プライバシーに関する著書、研究、記事を著している。
また、欧州評議会、欧州安全保障協力機構、国連開発計画、オープン・ソサイエティ・
インスティテュートを含む多くの組織で、アドバイザー、コンサルタントを務めている
。

連絡・お申込み先 特定非営利活動法人情報公開クリアリングハウス
 〒160-0008 東京都新宿区三栄町16-4 芝本マンション403
 TEL.03-5269-1846 FAX.03-5269-09644 
 E-Mail icj@clearing-house.org


開催場所

専修大学神田校舎5号館551教室東京都千代田区神田神保町3-8 専修大学神田キャンパス 5号館511号教室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
参加申し込み ¥1,000 終了
懇親会チケット 金額(税込) 状態
懇親会 ¥5,000 終了
募集期間:2015年9月10日(木) 20:00〜2015年10月6日(火) 18:30

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了