当イベントは終了しました。

交流分析による自己理解

2016年7月15日(金) 19:00〜21:00

交流分析による自己理解

心理学をベースとしたコミュニケーション講座 「交流分析による自己理解」 人とのスムーズな交流には、実は自己理解が必要だった!

会場 人形町 Share Office ASSETS
住所 東京都中央区日本橋人形町1-2-12 元林ビル3階    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 心理学 コーチング メンタルケア コミュニケーション ストレスマネジメント 対人関係
事務局 INFINITY セミナー事務局(担当 瀬越)    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

 

【当講座のねらい】
交流分析(TA=Transactional Analysis)とは、1950年代半ばに、アメリカの精神科医であったエリック・バーン博士が開発した「人の心と行動を快適にする」心理療法です。

バーンが残した名言に「過去と他人は変えることができない」という言葉があります。
では、変えることができるのは何でしょうか? その答えは“自分”です。
変えられるのは自分だけなのです。自分を変えることによって、人とのスムーズな交流を得ていきましょう。
そのためには、まず自分を知ることが必要です。

・相手の成長を願っている方
・相手の為にがんばっている方
・みんなで幸せになりたいと思っている方
・コミュニケーション力を上げ、チームをもっと良くしたいと思われている方 など
コミュニケーションのパターンをより良くする為に、まずは当講座で自分を理解してください。

数々の心理療法を学び実践してきた佐久間綾子講師が、交流分析の目的、性格分析についての解説を行い、あなたの特性をあなた自身で行えるように講義を進めていきます。

【講師紹介】
佐久間 綾子(心理カウンセラー)
写真2
2006~2015年 日本カウンセラー養成学院にて講師、心理カウンセラーとして勤務し、学院長として学院運営を経て退職。心理カウンセリングでは統合的アプローチを行う。来談者中心療法をベースにインナーチャイルドセラピー、ゲシュタルト療法、アートセラピー、認知行動療法、フォーカシング、ソマティック・エクスペリエンス、NLP、交流分析療法、解決思考ブリーフセラピーを扱う。現在、都内のクリニックにて心理カウンセラー、プログラム担当講師として勤務Alliant International University Japan/カリフォルニア臨床心理大学院 修士課程 修了。 



開催場所

人形町 Share Office ASSETS東京都中央区日本橋人形町1-2-12 元林ビル3階


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
事前振込 ¥3,500 終了
当日払い ¥4,000 終了
募集期間:2016年7月6日(水) 00:00〜2016年7月14日(木) 17:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了