当イベントは終了しました。

助成金獲得ができる「申請書」を書くコツを学ぶ

2016年11月20日(日) 13:30〜16:00

助成金獲得ができる「申請書」を書くコツを学ぶ

~患者会・障がい者団体の方たちを対象に、助成金の審査員経験などから~

会場 名古屋市公会堂
住所 愛知県名古屋市昭和区 鶴舞1-1-3 第3集会室    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 医療 介護 福祉 ジャーナリスト 医師 社会参加 メディア 新聞 患者 がん
事務局 患医ねっと    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

◆イベント名 助成金獲得ができる「申請書」を書くコツを学ぶ
~患者会・障がい者団体の方たちを対象に、助成金の審査員経験などから~

◆主意 患者会・障がい者団体として、製薬企業などへ助成金を申請する機会は多いものです。その申請書を書くコツを伝授します。

◆背景 同じような内容で申請しても、毎回のように通る団体と、通らない団体。それは申請書の見せ方ひとつです。
助成金の審査員として多くの申請書を「比較」し、審査の内部事情なども知る講師だからこそ語れるコツをいくつもお伝えし、さらにその場でみなさんが書いてきた申請書(任意)をチェックします。
◆対象 患者会、障がい者団体などで、申請書を記載する可能性のある方
◆日時 2016年11月20日 13:30~16:00
◆場所 名古屋市公会堂 第3集会室
◆内容
(1)はじめに
 ・主意説明 挨拶
(2)講演
 ・鈴木信行氏
  「審査員経験者として語る助成金獲得ができる「申請書」を書くコツとは?(仮題)」
(3)実演
 ・事前提出いただいた申請書を見ながら・・・【下記注意事項参照】
 ・実際の募集要項を参考に各自が書いてみる
(4)今後のフォローについて

【注意事項】事前提出いただいた申請書を見ながら講師のコメント・評価を希望する場合は、お申し込み後に、実際の「募集要項」と、お書きになった「申請書」を送付していただきます。
そして、それを参加者全員に見せながらの解説を行います。団体名、名前、連絡先など、申請内容に直接関係ない事項は伏せていただいて結構です。
時間に限りがありますので、申し込み順で先着3名分までとさせていただきます。

◆資料代 事前銀行振込 3,800円
     事前申込なし・当日現金支払 5,000円
 お支払方法 申込時に自動応答されるメッセージをご覧ください。
 なお、振込先は、都合により個人口座になります。

◆主催 患医ねっと http://kan-i.net/

◆本件問い合わせ先 患医ねっと info@kan-i.net (担当 石原)

◆◆◆◆講師プロフィール◆◆◆◆
<講師> 鈴木信行氏
1969年生まれ。東京都在住。患医ねっと代表。ペイシェントサロン協会代表。NPO法人患者スピーカーバンク前理事長。
精巣がん、甲状腺がん患者。二分脊椎症による身体障がい者。北里大学薬学部非常勤講師。
2014年より「公益財団法人正力厚生会」の専門委員として、活動資金助成団体の対象団体の審査に立ち会っている。(http://shourikikouseikai.or.jp/about/senmon-meibo.html

紹介記事>> 朝日新聞アピタル http://www.asahi.com/articles/SDI201512316269.html



開催場所

名古屋市公会堂愛知県名古屋市昭和区 鶴舞1-1-3 第3集会室


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
事前銀行振込(11/15まで) ¥3,800 終了
当日現金支払い ¥5,000 終了
募集期間:〜2016年11月20日(日) 13:30

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 6/10