当イベントは終了しました。

講演会 [第9弾] ハンバンスタイル協会理事 三枝千栄子氏による ~日中韓の東洋医学の違い~・自分愛プロジェクト

2016年1月16日(土) 14:00〜15:30

講演会 [第9弾] ハンバンスタイル協会理事 三枝千栄子氏による ~日中韓の東洋医学の違い~・自分愛プロジェクト

~初心者のための、日中韓の東洋医学の違いについて、学びながら理解していく~

会場 AICC(Asia Interest Culture Center)
住所 東京都渋谷区代官山町8-5 代官山8.5ビル4F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ 東洋医学 AICC 韓国文化 代官山 韓方 ハンバンスタイル協会 かんこく アジア アジア文化 生活漢方
事務局 AICC    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ AICC(Asia Interest Culture Center)

イベント詳細

この時代だからこそ、アジア文化に目を向けよう。
2015年春、「AIM×AICC Collaboration Project ~自分愛~」が始動し、約半年。
2016年より、視野をより広げていくために「自分愛プロジェクト」に改名いたしました。
この企画のコンセプトは「自分を愛すること」。
自分を愛するために、まずは自分と向き合ってみよう。
自分のことを少しずつ理解していけば、「真の幸せとは何か」が見えてくるはず。
そうして掴んだ小さな何かを、身近な人へと伝えていこう。

2016年最初の「自分愛プロジェクト」では、ハンバンスタイル協会の理事であり、
医療史を学ぶ鍼灸学生でもある三枝千栄子氏をお呼びし、日中韓の東洋医学の違いについて講演していただきます。
日本には、いつ、どこから医療(東洋医学)が入ってきたのだろうか。
「黄帝内経」は有名な医学書ではあるけれど、なぜ「黄」なの?
など、医療の歴史を紐解きながら、初心者の方を対象に、日中韓の文化や時代の変遷に伴う東洋医学の違いなどについて、様々な角度からお話いただきます。
※ここでいう医療とは、東洋医学を指す

イベント・講座詳細 ■日程:2016年1月16日(土)
■時間:14:00~16:00(受付13:30)
     ※当日の状況により、終了時間が多少前後する場合もございます。
■受講料:3,000円
     ※AICCチケットをお持ちの方は1回分(2,500円相当)にて受講いただけます。

============
▼ご予約はこちらから▼
HP⇒http://aicc.aient.jp/calendar.html
携帯・モバイル ⇒https://aicc.resv.jp/reserve/calendar.php
ネット苦手な方は、お電話でご予約でも大丈夫です♪
TEL 03-6416-3843<対応時間:平日11:00~19:30>
============
イベント・講座内容 【初心者のための、日中韓の東洋医学の違いについて、その特色について考えてみよう】
■内容: 中国で生まれた中医学は、いったいいつ日本に入ってきたのだろうか。
歴史を紐解くと、日本には当初韓国から、その後、中国から入ってきている。
大陸・半島・島国といった3カ国は、独自の医療の発展を遂げていった。
その経過をかいつまみながら、違いについて考えてみる。
講師紹介 〔ハンバンスタイル協会〕
一般社団法人ハンバンスタイル協会は”安心・安全なハンバン・韓方ライフスタイルの学びと普及”を目的として2015年2月3日設立。
韓方についての学習や研究など韓方を中心に様々な活動を行っている。

〔三枝 千栄子/Chieko Saegusa〕
・国際中医師・国際中医薬膳師
・ハンバンスタイル協会 理事
北京中医薬大学日本校にて薬膳・中薬を学ぶ。同時期に韓国の手指鍼を学び「手」に焦点をあてた、セラピストとして活動。大学を卒業後、手指鍼の本を理解力を高める為と、中医学と韓方の違いについて学ぶ為、韓国ソウルへ渡る。2か月間滞在の中 韓方にまつわる様々な講座などに参加。帰国後、現在は漢方薬局併設の鍼灸院に勤務しながら、鍼灸師の資格取得を目指し鍼灸学校へ通っている。


開催場所

AICC(Asia Interest Culture Center)東京都渋谷区代官山町8-5 代官山8.5ビル4F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
講演会 ¥3,000 終了
募集期間:2015年12月24日(木) 00:00〜2016年1月15日(金) 00:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了