当イベントは終了しました。

WISC/WAISは誰のため?

2015年7月26日(日) 10:00〜17:00

WISC/WAISは誰のため?

〜問題と検査結果と支援の関係を理解する〜【支援者限定セミナー】

会場 つくばサイエンスインフォメーションセンター
住所 茨城県つくば市吾妻1-10-1 つくばセンタービル 2F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 Shake-Handsイベント事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ Shake-Hands.org

イベント詳細

 筑波大学人間系・教授 大六一志先生
博士(心理学) 臨床心理士 臨床発達心理士 特別支援教育スーパーヴァイザー
   WISC-IV、WAIS-III、WAIS-IV日本版刊行委員


 「生徒がWISCの結果を持ってきたけど、どう見ればいいのかわからない。でも、日々の支援で手一杯で、このうえ知能検査まで勉強してるヒマがない!(汗)」ーーーと、思っていませんか?

 その人の得意・不得意や認知のしかたの特徴が表れるWISC/WAISの検査結果は、個別の支援のヒントの宝庫。その意味がわかれば、手がかりなく試行錯誤するよりずっとスピーディに具体的な手だてへ進むことができます。各検査項目の意味や、数値が示す状態像、結果データや所見の読み方など、まずはWISC/WAISの基礎を学びましょう。「WISCは知っている」という方も、つい自己流の解釈に偏っていないか、定期的に基本を見直してみませんか。

 この企画では、支援者向けのWISC/WAIS基礎講義と、事例をもとに実態を読み解き支援計画を検討するグループ・ディスカッションで、より実践重視のセミナーをめざします。WISC/WAIS日本版刊行委員の大六先生からじかに学べる貴重な機会です!


参加対象者を限定した、クローズドのイベントです。
対象:発達障害児・者の支援に携わる立場の人 に限定

※本人を含む家族の方は、7月12日開催の【保護者・本人版】へご参加ください。


内容:

○基礎講義(支援者版)

学校、医療・福祉施設など、支援の現場のニーズに着目したWISC/WAISの基礎講義です。

○グループ・ディスカッション(演習)

WISC-IVのモデル事例を教材に、データ分析・アセスメントのポイントについて演習を行います。小グループに分かれ、実態把握、および支援計画についてのディスカッションを行います。

各グループには、ファシリテーターとして臨床発達心理士の方に入っていただく予定です。


<後援(申請中を含む)>

茨城県教育委員会 つくば市教育委員会 茨城LD等発達障害親の会 星の子




開催場所

つくばサイエンスインフォメーションセンター茨城県つくば市吾妻1-10-1 つくばセンタービル 2F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
参加費 ¥4,000 終了
募集期間:〜2015年7月26日(日) 00:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了