当イベントは終了しました。

レスキュートレーニング講習-心肺蘇生法、AEDを学ぼう!-

2016年7月10日(日) 10:00〜18:00

レスキュートレーニング講習-心肺蘇生法、AEDを学ぼう!-

一人でも多くの命を救うために国際資格プログラムで応急救護手当て学ぶ!

会場 JDSA事務局
住所 大阪府大阪市北区長柄東2-3-30-209    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
タグ CPR AED 心臓マッサージ 応急救護 人工呼吸 応急手当 大阪 心肺蘇生法 MFA 地震
事務局 JDSA事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

災害時に限らず、万が一の緊急事態は時と場所を選びません。
救急隊や医師、その他の救急の専門家に引き渡すまでの間あなたの助けが必要です。
傷病者の命をつなぐため、心肺蘇生法やAEDの使用方法、出血のコントロール、緊急移動など国際的な応急救護手当てを学びます。このプラグラムの修了者には、国連関連組織である世界安全機構公認MFA国際ライセンスが発行されます

※ このトレーニングは、社会福祉協議会の市民活動行事保険に加入しています。

 

コースの内容

このプログラムは、救急隊や医師、その他の救急の専門家に引き渡すまでの間、現場での応急手当や救急救護を施せる人(救助者)を増やし、手当の連鎖(救命の輪)を達成することを目的とした教育プログラムです。
このプログラムは国連関連組織の世界安全機構が公認する国際基準のトレーニングです。
修了者は、国際的に認められたライセンスを取得していただけます。

災害時はもちろん、普段の生活の中での緊急事態に、うろたえることなく的確な行動をとれるよう、基本的な蘇生法と救急法を学びます。

1

 

a a

一刻を争う事態に必要な実践講習

あらゆる緊急事態への応急救護を学びます

MFA(メディックファーストエイド)国際ライセンスとは?

MFAライセンス当協会は、MFAのトレーニングセンターとして公認されています。

MFAとは、メディックファーストエイドの略称です。救急医療の先進国であるアメリカで、1976年一般市民向けの応急救護手当ての訓練プログラムとして誕生しました。その後、数年ごとに最新の教育プログラムと国際コンセンサスに基づいた医学ガイドラインを盛り込んで、ノウハウ等のソフト面、教材などのハード面ともにアップデートを続けています。
国連関連組織の世界安全機構(WSO)をはじめ、カナダのロイヤルライフセービング協会、ガールスカウトUSA、財団法人日本海洋レジャー安全振興協会など、様々な公的機関や団体の多くから公認されており、世界中に普及しています。
詳しくは、MFA・JAPAN公式サイトをご覧ください。



開催場所

JDSA事務局大阪府大阪市北区長柄東2-3-30-209


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
レスキュー・サポート講座 ¥9,000 終了
募集期間:〜2016年7月6日(水) 15:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/12