当イベントは終了しました。

【阪急梅田駅】医療従事者にとって最も大切なことって?

2016年10月29日(土) 13:00〜14:00

【阪急梅田駅】医療従事者にとって最も大切なことって?

医療人の集まり、医業種交流会です!

会場 カフェラボ グランフロント大阪
住所 大阪府大阪府大阪市北区 大深町3-1 グランフロント大阪北館1階 ナレッジキャピタル    地図
料金制度 無料イベント
ジャンル >
事務局 【阪急梅田駅】医療従事者にとって最も大切なことって?事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
主催グループ 医業種交流会 TEKIJYUKU

イベント詳細

"医療の原点回帰"を目指します

◯主な参加者

医療に携わる方であれば、どんな方でも。

「あ、俺って、医療人なんや」と自覚のある人ならオッケーです 笑。

病院に勤務して、直接医療に携わる人。ex.医者、看護師、薬剤師、検査技師

医療機器や医薬品メーカーに勤めて、間接的に医療に携わる人。
ex.MR、研究者、開発者、工場勤務、知財部、薬事申請

日本の医療は、俺が変える!と熱い希望に溢れた人。

もちらん、福祉系の方もオッケーです。
ex.社会福祉士、ケアワーカーなど

主旨の説明

医は以て人を活かす心なり。故に医は仁術という


「医は人命を救う博愛の道である」(広辞苑)という意味です。

長く日本の医療の基盤となってきた、素晴らしい理念です。


しかし、とかく医療従事者は忙しい。。。

「人を生かす」のが医療であるならば、患者様のみならず、

医療従事者もそうあるべきなのでは。。。

医療従事者が元気でなければ、患者さんに元気を与えられないのではないでしょうか?

例えば、、、

・病院の中での人間関係で苦しんでいます・・・(-_-)
という身近な悩みから、

・患者さんが苦しんでいるのに、何のために延命しなければならないんだろう・・・
など、なかなか人には言いにくい悩みまで、様々あると思います。

そこで。

似た環境で働く医療人の集まりを作り、悩みを相談し合う。

そして、現代の医療が抱える問題をシェアし合って、大阪から発信していこうと考えています。

かつて蘭学者・緒方洪庵の元に、日本中の若人が集った「適塾」のように、

活気ある集まりにしていきたい。

僕らの仕事は、胸を張って素晴らしいといえる仕事なんだ!

そう自信をもって、日々を過ごせたら、どんなにか素晴らしいことでしょう。

大切なことなので、何度も言います。

”医療の原点回帰を目指します”

その答えを、学んでいる「医療人の集い」です。

○まったりカフェ企画
○勉強会
○医師を招いての講演会

などなど、様々な企画をしていく予定です。

〇今回の勉強会の内容は?

なせ延命するの?
あなたは、この質問に明確な答えを持っているでしょうか。

最近、「東洋経済」に掲載された、ある救急救命医の手記が
話題となっています。

「国の医療費を圧迫するから、高齢者には治療を受けさせない方がいいのでは?」

と言うのです。

延命を目的とするはずの医療が、絶命を勧めるという自己矛盾を起こしています。

この根本原因は何なのか?

医療の原点から学びたいと思います。



開催場所

カフェラボ グランフロント大阪大阪府大阪府大阪市北区 大深町3-1 グランフロント大阪北館1階 ナレッジキャピタル


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
tekijyuku 無料 終了
募集期間:〜2016年10月29日(土) 13:00

イベントは終了しました


変更履歴

  • 開催開始日時を【2016-10-29 14:00:00】から【2016-10-29 13:00:00】に変更しました。2016年10月27日(木) 17:55
  • 開催終了日時を【2016-10-29 15:30:00】から【2016-10-29 14:00:00】に変更しました。2016年10月27日(木) 17:55

RSS

Styary(スタイアリー)
終了
イベント参加 0/5