当イベントは終了しました。

本のお茶会 ドイツ語翻訳家 読書セラピスト 岡本朋子

2016年7月10日(日) 15:00〜17:00

本のお茶会 ドイツ語翻訳家 読書セラピスト 岡本朋子

物語を読みながら大切なものを思い出す。そんなお茶会です。

会場 6次元
住所 東京都杉並区上荻1-10-3 2F 2F    地図
料金制度 有料イベント
ジャンル >
事務局 本のお茶会 ドイツ語翻訳家 読書セラピスト 岡本朋子事務局    お問合せ ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

あなたを変える―本のお茶会

物語を読みながら大切なものを思い出す。そんなお茶会です。

「物語には人を癒す力がある」をコンセプトに、お茶を飲み、お菓子を食べながら楽しむ読書会を開いています。事前に本を読んでくる必要はありません。その場で朗読し、テーマについてお話しする。そんな会です。お気軽にお申込み下さい。

お茶会の予定

第8回本のお茶会(東京)

テーマ:『愛するということ』エーリッヒ・フロム

「愛」は私たちにとって永遠のテーマです。これまでにも数多くの作家や詩人や芸術家が「愛」を表現してきました。「愛」について知らない人はこの世に一人もいません。ですが「愛」を定義できる人はほとんどいないのです。
社会心理学者のエーリッヒ・フロムは『愛するということ』の中でこう書いています。『愛とは対象の問題ではなく、愛する能力の問題である』、『愛は技術であり、学ぶことができる』と。学び、育むことができる「愛」とはいったい何なのか? 社会学的、心理学的に「愛」を定義したフロムは『一人の人をほんとうに愛するとは、すべての人を愛することであり、世界を愛し、生命を愛することである』という見解に至ります。
エーリッヒ・フロムの『愛するということ』を読みながら、みなさんと「愛」について語ってみたいと思います。

日時:2016年7月10日 15時~17時
参加費:2500円(1ドリンク+お菓子付き)
場所:6次元
東京都杉並区上荻1-10-3 2F
(最寄駅 JR中央線・荻窪)
http://www.6jigen.com
定員:10名程度

岡本朋子のプロフィールについては下記をご覧ください。
http://tomokookamoto.com

*読書会はすべて日本語で行います。



開催場所

6次元東京都杉並区上荻1-10-3 2F 2F


お申込み


イベントチケット 金額(税込) 状態
参加費 ¥2,500 終了
募集期間:2016年6月30日(木) 00:00〜2016年7月9日(土) 00:00

イベントは終了しました

RSS

Styary(スタイアリー)
終了